1. HOME > 構造計算の基礎 > 水の密度と温度の関係は?1分でわかる関係性、水の密度表、4℃のとき、水の密度と単位
スポンサーリンク

水の密度と温度の関係は?1分でわかる関係性、水の密度表、4℃のとき、水の密度と単位

水の密度は温度により変化します。4℃で水の密度は最大になり、4℃より温度が上昇するにつれて密度は小さくなります。一般的に水の密度は約1.0g/cm3(厳密には0.99997)ですが、これは4℃時の水の密度です。今回は水の密度と温度の関係性、水の密度表、4℃の水の密度、水の密度の単位について説明します。水の密度、質量は下記が参考になります。

水の密度は?1分でわかる値、単位とg/cm3、4℃での密度

水の質量は?1分でわかる意味、求め方、体積から質量の換算法

水の密度と温度の関係は?

水の密度は温度で変化します。面白い性質ですよね。下図をみてください。縦軸に密度、横軸に水の温度をとりました。


水の密度1


水の密度は4℃のとき最大となり4℃から上昇すると、水の密度は減少します。また、水の温度が0を下回ると氷になります。氷は水よりも1割程度も密度が小さいです。グラスの中に水と氷を入れると氷が浮きますよね。


水の密度は一般的に1.0g/cm3(厳密には0.99997)ですが、これは水の温度が4℃のときの密度です。水の密度の詳細は下記が参考になります。

水の密度は?1分でわかる値、単位とg/cm3、4℃での密度

水の質量は?1分でわかる意味、求め方、体積から質量の換算法

スポンサーリンク

水の密度表と温度

水の密度表と温度の関係を下図に示します。

水の密度2

4℃のとき水の密度は?

前述したように、4℃のとき水の密度は最大となります。水の密度表をみてください。4℃を1度超えても、下がっても密度は小さくなります。4℃の水の密度と、沸騰直前の99℃時の密度を比較すると、5%も密度が小さいですね。

水の密度の単位は?

水の密度の単位は


g/cm3(g・cm-3)

kg/m3


を使います。g/cm3を使えば水の密度を約1.0 g/cm3と表現できるので便利です。また1.0 g/cm3=1000kg/m3です。kg/m3を使うと数字の桁が多くなりますね。

まとめ

今回は水の密度と温度の関係について説明しました。関係性が理解頂けたと思います。水の密度は4℃で最大となり、4℃より温度が上昇すると密度は減少します。沸騰直前では、5%も水の密度は小さいです。また氷になると(0℃を下回ると)、さらに密度は小さくなります。水の密度、質量など下記も勉強しましょうね。

水の密度は?1分でわかる値、単位とg/cm3、4℃での密度

水の質量は?1分でわかる意味、求め方、体積から質量の換算法

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

1級建築士の計算問題の解説
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 水の密度と温度の関係は?1分でわかる関係性、水の密度表、4℃のとき、水の密度と単位
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事