1. HOME > 構造計算の基礎 > システムトラスとは?1分でわかる意味、メーカー、ボールジョイントとは

システムトラスとは?1分でわかる意味、メーカー、ボールジョイントとは

システムトラスとは、立体的に組まれたトラスのことです。定義が、告示463号に示されています。システムトラスは、大スパン架構に向いており、ドームや体育館などの屋根に使われます。今回は、システムトラスの意味、メーカー、ボールジョイントについて説明します。※トラス構造については下記の記事が参考になります。

トラス構造とは?1分でわかるメリット、デメリット、計算法

システムトラスとは?

システムトラスとは、立体的に組んだトラス構造です。告示によると、下記の定義です。


システムトラスのポイントは下記です。


・立体的に組まれたトラス構造

・接合部はボールジョイントなど

システムトラスのメーカー

システムトラスを扱うメーカーを下記に整理しました。


・巴コーポレーション

・新日鉄住金

・JFE


上記の3社が有名なメーカーです。新日鉄住金、JFEは鋼材メーカーとして有名ですね。巴コーポレーションは、システムトラスで有名な「ダイアモンドトラス」を開発した会社です。空間構造を専門的に扱う会社と考えてください。

システムトラスに適した建築物

システムトラスに適した建築物を下記に整理しました。


・ドームの屋根

・体育館の屋根

・大スパン架構


システムトラスは、立体的にトラスを組んでいます。トラス構造は、合理的に力を伝達できます。ドーム、体育館など、大スパン架構の屋根に採用されることが多いです。大スパンの場合、単一梁だと変形が制御できないこと、曲げ応力が大きくなり過ぎる、などの理由があります。


トラス構造については下記の記事が参考になります。

トラス構造とは?1分でわかるメリット、デメリット、計算法

システムトラスのボールジョイントとは

システムトラスの各部材の接合部は、ボールジョイントが使われます。ボールジョイントとは、鋼製の球です。この球に、孔が空いていて、その孔に部材の先端部を挿し込んで接合します。


なお、ボールジョイントは、各メーカーで大臣認定を取得しています。

まとめ

今回はシステムトラスについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。システムトラスは、立体的に組まれたトラスです。単に立体トラスともいいます。システムトラスのメーカーとして、巴コーポレーション、新日鉄、JFEなどが有名です。トラス構造の原理も併せて理解してくださいね。

トラス構造とは?1分でわかるメリット、デメリット、計算法

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > システムトラスとは?1分でわかる意味、メーカー、ボールジョイントとは