1. HOME > 構造計算の基礎 > 立体トラスとは?1分でわかる意味、メリット、建築物の関係、メーカー
スポンサーリンク

立体トラスとは?1分でわかる意味、メリット、建築物の関係、メーカー

立体トラスとは、立体的に(三角錐や四角錘など)組まれたトラスです。平面的に組んだトラスを平面トラスといいます。立体トラスは、大スパン構造(ドーム、体育館など)に適用されます。今回は立体トラスの意味、メリット、建築物との関係、立体トラスのメーカーについて説明します。トラス構造の意味など、下記が参考になります。

平面トラスとは?1分でわかる意味、立体トラスとの違い、力学、種類

トラス構造とは?1分でわかるメリット、デメリット、計算法

立体トラスとは?

立体トラスとは、立体的に組まれたトラスです。トラス構造の意味は、下記が参考になります。

トラス構造とは?1分でわかるメリット、デメリット、計算法


下図をみてください。これが立体トラスです。

立体トラス

トラスとは、部材を三角形に組んだものです。立体的に三角形を組むので、形状は「三角錐」「四角錘」となります。三角錐と四角錘の違いは下図をみてください。

立体トラスと三角錐

立体トラスと四角錘

また立体トラスは、システムトラスともいいます。システムトラスの意味は下記が参考になります。

システムトラスとは?1分でわかる意味、メーカー、ボールジョイントとは


立体トラスは、1つの節点に対して複数の角度から部材が集まります。接合部が煩雑になりがちなので、ボールジョイントが採用されます。

立体トラスのメリット

立体トラスは、立体的に組まれたトラスで力学的に安定しています。また平面トラスより、大スパン構造に対応できます。大スパン構造の意味は、下記が参考になります。

大スパン建築とは?1分でわかる意味、鉄骨造の工法、空間構造との関係

立体トラスと建築物の関係

立体トラスは大スパン構造に対応できるため、ドーム、体育館、駅舎の大屋根などに採用されます。これらは天井を張らず、トラス部材を表しにすることも多いです。建築物によって、構造部材の材料、組み方、部材の太さ、スパンなど本当に色々違います。一度見学するといいでしょう。

立体トラスのメーカー

立体トラスのメーカーとして、


巴コーポレーション

元旦ビューティ―工業

太陽工業


などがあります。メーカーごとに工夫しており、立体トラスの形状や特徴が違います。

まとめ

今回は立体トラスについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。立体トラスは、立体的に組まれたトラスです。平面トラスとの違いを覚えてくださいね。立体トラスの特徴、建築物の関係、メーカーなど、実際に資料や建物を見学して勉強すると良いですね。下記の記事も参考になります。

トラス構造とは?1分でわかるメリット、デメリット、計算法

平面トラスとは?1分でわかる意味、立体トラスとの違い、力学、種類


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 立体トラスとは?1分でわかる意味、メリット、建築物の関係、メーカー