1. HOME > 構造計算の基礎 > トルクの単位は?1分でわかる意味、読み方、荷重の換算

トルクの単位は?1分でわかる意味、読み方、荷重の換算

トルクとは、力と距離をかけた値で、物体を回転させる力です。本質的には力のモーメントと同じです。ただし、トルクはボルトを締める時に必要なねじりモーメントです。今回はトルクの単位、トルクの意味、読み方、荷重の換算について説明します。


力のモーメント、ねじりモーメントの意味は下記が参考になります。

力のモーメントってなに?本当にわかるモーメントの意味と計算方法

ねじりモーメントとは?1分でわかる意味、公式、単位、トルクとの関係、h鋼

トルクの単位は?

トルクの単位は、


N・m


です。


トルクとは、力と距離をかけた値で、物体を回転させる力です。これは、力のモーメントと同じ意味ですね。力のモーメントは、下記の記事が参考になります。

力のモーメントってなに?本当にわかるモーメントの意味と計算方法


本質的には、トルクとモーメントは同じ意味です。ただし、トルクはボルトを締め付ける時に必要な、ねじりモーメントを意味します。下図をみてください。ボルトを締めるときのレンチを想像してくださいね。

トルクとボルト

レンチを使うときの力の作用方向、力のモーメントの方向を考えてください。ボルト軸に対して「ねじる」方向です。これをねじりモーメントといいます。ねじりモーメントの意味は、下記が参考になります。

ねじりモーメントとは?1分でわかる意味、公式、単位、トルクとの関係、h鋼


レンチを使った経験のある方は分かりますが、レンチが長いほど軽く締められます。これはトルクTが、


T=P×L


だからです。力が小さくてもLが大きければ、トルクTの値も大きいです。Pは力、Lはモーメントの中心から力の作用点までの距離です。


なお、建築物に用いる高力ボルトの締め付けに必要なトルクは、下記の記事が参考になります。

1次締めトルク、理由、マーキング


また高力ボルトの締め付け方法は、トルク値を管理して所定の締め付け力を与えます。これをトルクコントロール法といいます。

トルクコントロール法とは?1分でわかる意味、手順、トルク値、本締め

トルクの単位の読み方

トルクの単位の読み方を下記に整理しました。


kN・m ⇒ きろにゅーとんめーとる

N・m ⇒ にゅーとんめーとる

kgf・m ⇒ きろぐらむふぉーすめーとる

kgf・cm ⇒ きろぐらむふぉーすせんちめーとる

gf・cm ⇒ ぐらむふぉーすせんちめーとる

トルクの単位と荷重の換算

工学単位系のトルク単位を、SI単位系に換算します。※重力加速度は10とします。


1kgf・m ⇒ 10N・m

1kgf・cm ⇒ 10N・cm

1gf・cm ⇒ 0.01N・m


工学単位系とSI単位系は、下記が参考になります。

工学単位系とは?1分でわかる意味、質量、重量、力、圧力の単位

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン

まとめ

今回はトルクの単位、意味などについて説明しました。理解頂けたと思います。トルクの単位は、N・mが基本です。また力のモーメントの単位と同じだと覚えてくださいね。また、ボルトを締め付けるときのトルクは、ねじりモーメントです。下記の記事も参考にしてください。

力のモーメントってなに?本当にわかるモーメントの意味と計算方法

ねじりモーメントとは?1分でわかる意味、公式、単位、トルクとの関係、h鋼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > トルクの単位は?1分でわかる意味、読み方、荷重の換算