1. HOME > 構造計算の基礎 > 厚みのtとは?1分でわかる意味、表記法、読み方、寸法と単位の関係

厚みのtとは?1分でわかる意味、表記法、読み方、寸法と単位の関係

板や物の厚みを表す記号に「t」があります。建築でも、厚みを表す記号はtです。スラブ厚や鋼管の厚みを表す記号として使います。今回は厚みの記号tの意味と、表記法、読み方、厚みの寸法と単位の関係について説明します。建築図面では色々な記号を使います。下記の記事も参考になりますよ。

建築図面の種類とは?1分でわかる意匠図の種類、構造図、各図面の見方

厚みのtとは?

厚みのtとは、板厚を表す記号です。tは英語の「thickness」の、頭文字をとった記号です。※thicknessは、日本語で厚みの意味です。


建築では、特に断りなく「t」を使います。tと書けば、厚みのことだと誰もが理解しています。


例えば、鋼管の板厚が9mmのとき、

と書きます。どちらで書いても意味は通じるでしょう。個人的には、t=9と書く方が多いです。


また、スラブ厚を示すとき

と書きます。ただ、スラブの場合は

と書くこともあります。「ア」とはアツミの頭文字です。「ア」という書き方は、意味が通じないので図面で使うと混乱します。tを使う方がよいですね。

厚みのtと読み方

厚みのtは、「てぃー」と読みます。あえて「すもーるてぃー」とは読みませんので注意してください(Tとtが混同するときは、Tをらーじてぃーと読めばいいと思います)。

厚みの寸法と単位

厚みの寸法の単位は、

が普通です。板厚やスラブ厚は、建築部材の長さや幅に対して、薄いです。例えば、鋼管の柱幅が300mmでも、板厚は9mm〜19mm程度が普通です。よって、単位はmmを使います。cmやmの単位を使うと、数値が小数点となり使いづらいです。

厚みのtの表記法

厚みのtは下記の表記が普通です。例えば厚みが12mmのとき、

t(てぃー)を数字の前に置きます。tは「厚み」という用語を省略しているからです。

という意味ですね。

まとめ

今回は厚みのtについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。tは厚みの記号です。板厚やスラブ厚などを表します。建築図面の描き方を覚えてくださいね。また、読み方や意味も理解してくださいね。建築図面や建築の書類では、特に断りなく「t」を使う、一般的な用語です。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

建築図面の種類とは?1分でわかる意匠図の種類、構造図、各図面の見方

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 厚みのtとは?1分でわかる意味、表記法、読み方、寸法と単位の関係