1. HOME > 構造計算の基礎 > 重量の記号は?1分でわかる記号、トンの記号、W、読み方、質量の記号

重量の記号は?1分でわかる記号、トンの記号、W、読み方、質量の記号

重量を表す記号はWやFまたはPなどを使います。Wはweightの頭文字をとっています。今回は重量の記号、トンの記号、Wの意味、読み方、質量の記号について説明します。質量と重量の違い、ニュートンとkgの関係は下記の記事が参考になります。

質量と重量の違いは?1分でわかる意味、違い、換算、体重計、重力

荷重の単位とは?1分でわかる意味、種類、換算、ニュートン、nとの関係

重量の記号は?

重量を表す記号は「W」を使います。これはweightの頭文字をとっています。小文字ではなく、大文字のWで表すことが多いです。また、重量や重さの単位は「力」の単位と同じです。よって、FやPで表すこともあります。Fはforceの頭文字をとっています。


重量の意味、質量との関係は下記が参考になります。


重量 質量 違い


また重量の単位は、「N」で表します。読み方はニュートンです。これをSI単位系といいます。SI単位系の意味は、下記が参考になります。

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン


昔使われていた単位系に工学単位系があります。工学単位系では、重量の単位の記号は、kgfやkg重を使います。工学単位系は、下記が参考になります。

SI単位系とは?1分でわかる意味、一覧、基本単位、変換、ニュートン

重量の記号とWの関係

重量を表す記号はWを使います。これは重量を意味する英語が、weightだからです。重量だけでなく、物理や構造力学では、その用語を英語にしたときの頭文字を、そのまま記号にすることが多いです。

重量の記号と読み方

重量に使う記号と読み方を下記に整理しました。


W ⇒ だぶりゅー

F ⇒ えふ

P ⇒ ぴー

N ⇒ にゅーとん

kN ⇒ きろにゅーとん

Kgf ⇒ きろぐらむふぉーす

Kg重 ⇒ きろぐらむじゅう

重量とトンの記号

工学単位系では、重量の単位記号に「tf」「t重」がありました。これは1tに対する重力を意味します。それぞれ「とんふぉーす」「とんじゅう」と読みます。

質量の記号

質量を表す記号は、「m」で書きます。小文字のmを使うことが多いです。質量と重量の関係を下式に示します。


W=ma


Wは重量、mは質量、aは重力加速度(9.8m/s2)です。質量の意味、重量との違いは下記が参考になります。

質量と重量の違いは?1分でわかる意味、違い、換算、体重計、重力

まとめ

今回は重量の記号について説明しました。記号の意味、読み方など理解頂けたと思います。重量を表す記号はWです。単位の記号はNで表します。この2つは大事なので是非覚えてください。質量と重量の違い、ニュートンからkgfへの変換方法も理解しましょう。下記の記事が参考になります。

質量と重量の違いは?1分でわかる意味、違い、換算、体重計、重力

荷重の単位とは?1分でわかる意味、種類、換算、ニュートン、nとの関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 重量の記号は?1分でわかる記号、トンの記号、W、読み方、質量の記号