1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 土木の読み方は?1分でわかる読み方、意味、土木工事、土木工学との関係
スポンサーリンク

土木の読み方は?1分でわかる読み方、意味、土木工事、土木工学との関係

土木は「どぼく」と読みます。「つちき」や「どもく」などと間違えて読まないよう、注意してくださいね。私は、元々は土木工学科に所属していました。今回は、そんな経験を元に、土木の読み方、意味、土木工事、土木工学との関係について説明します。土木の意味は、下記も参考になります。

civilとは?1分でわかる意味、土木工学との関係、civil engineeringとは


土木工学がどんな勉強をするか知りたい方は、下記が参考になります。

土木工学科では何を勉強するのか?土木学生OBが答える

土木の読み方は?

土木は「どぼく」と読みます。「どもく」や「つちき」とは読みません。読み方を忘れないでくださいね。関係用語の読み方を、下記に示します。


土木施工管理技士 ⇒ どぼくせこうかんりぎし

土木工事 ⇒ どぼくこうじ

土木工学 ⇒ どぼくこうがく

土木用語 ⇒ どぼくようご

土木の意味

土木の意味は、下記が参考になります。

土木工学科では何を勉強するのか?土木学生OBが答える


また現在では、「土木工学」という用語を使うことは少なくなりました。環境建設など聞き触りの良い言葉を使います。

土木と土木工事、土木工学との関係

土木の工事を、土木工事といいます。土木に関する学問が土木工学です。土木工学では、


・構造力学

・土質力学

・水理学

・測量学


などを学びます。ちなみに、私は高専の頃は土質力学を専門に学んでいました。建築学科に転科してからは鋼構造が専門です。


土木学科で何を勉強するか知りたい方は、下記が参考になります。

土木工学科では何を勉強するのか?土木学生OBが答える


また、土木工学は英語で「civil engineering」と描きます。意外な英文では無いですか。英語に訳すと、「土」や「木」は全く関係ありません。civil engineeringとは、直訳すると市民工学や社会工学です。


土木構造物の多くは、国を文明化するためのインフラです。市民や社会のために必要な構造物です。土木工学は「市民のための工学」とも言えますね。下記も参考になります。

civilとは?1分でわかる意味、土木工学との関係、civil engineeringとは

まとめ

今回は土木の読み方について説明しました。読み方、意味が理解頂けたと思います。土木は「どぼく」と読みます。建設業界では当たり前に使う用語なので、是非覚えてくださいね。間違えても「どもく」や「つちき」と読まないように注意してください。


土木で何を勉強するかは下記が参考になります。

土木工学科では何を勉強するのか?土木学生OBが答える


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 土木の読み方は?1分でわかる読み方、意味、土木工事、土木工学との関係