建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 杭の引き抜き抵抗力の算定方法

杭の引き抜き抵抗力の算定方法

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


地震時には柱に引き抜き力が作用することもあります。この引き抜き力をNt、長期軸力をNLとしたとき、支点に引き抜き力が作用するかどうかは下式によって判断します。


・NL-Nt+Wf<0 のとき、支点に引抜力が作用している。

・NL-Nt+Wf>0 のとき、支点に圧縮力が作用している。


つまり、長期軸力と基礎重量が引き抜き力より大きければ引き抜きは作用していません。しかし、これが逆転した場合、基礎に引き抜き力が作用しています。


杭基礎なら、杭の引き抜き抵抗力より小さいことを確認するのです。今回は、杭の引き抜き抵抗力の算定方法を説明します。


100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

杭の引き抜き抵抗力を計算式より求める

まず、杭の引き抜き抵抗力は一般的に2つの式があります。1つは、実験式による方法。2つ目は算定式による方法です。実験式による方法は、その値を用いるだけですから、今回は割愛して、算定式による方法について考えましょう。


引き抜き抵抗値からRtは下式より、


Rt=4/15×(10/3×Ns×Ls+1/2×qu×Lc)×φ


で算定されます。要は、引抜きに抵抗する力は摩擦力のみ、ということです。また、圧縮時の摩擦抵抗力と何が違うのか?よくみると係数が「4/15」になっています。


これは、長期支持力の安全率1/3に0.8倍を掛けた数値です。


1/3×0.8=0.2666⇒4/15


圧縮と引き抜きでは摩擦力が異なること、海外でも圧縮時の8割としていることから、決められた係数です。

液状化した層は摩擦力を見込めない

液状化した層は地盤の振動によって、過剰間隙水圧となり土粒子の結合が無くなる現象です。要するに強度が無くなると考えてください。


強度が無い層に、摩擦力を見込むことはできません。その名の通り、土が水になった状態ですから。


つまり、思っている以上に引き抜き抵抗力は小さい点に注意しましょう。


【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築構造がわかる基礎図解集

わかる1級建築士の計算問題解説書

計算の流れ、解き方がわかる!1級建築士【構造】計算問題解説集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで気軽に学ぶ構造力学!

一級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】一級建築士対策も◎!構造がわかるお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 杭の引き抜き抵抗力の算定方法
  2. 1級の過去問(計算)解説
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集・図解集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事