1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築のリブとは?1分でわかる意味、鉄骨、鋼材、デッキとの関係、リブと薄板構造

建築のリブとは?1分でわかる意味、鉄骨、鋼材、デッキとの関係、リブと薄板構造

建築のリブとは、補強部材や突起部分のことです。鉄骨部材を補強するためリブプレートを付けることや、床を受けるためリブを設置します。今回はリブの意味、鉄骨、鋼材との関係、デッキとの関係、リブと薄板構造について説明します。リブプレートについては下記の記事が参考になります。

スチフナーってなに?1分でわかる意味と、目的

建築のリブとは?

建築のリブとは、補強部材や突起部分のことです。例えば鉄骨造では、各部材を補強するためリブプレートを付けます。鉄骨部材は、部分的に力が作用することも多く、これを補強する目的でリブプレートが必要です。※リブプレートについては、下記の記事が参考になります。

スチフナーってなに?1分でわかる意味と、目的


鉄骨だけでなく、平らな面に設けた突起部分を「リブ」ともいいます。リブはデザインではなく、構造性能を高める目的でつけます。下図をみてください。平面の板では弱いですが、リブを付けるだけで強くなります。リブが「梁」の役割をするわけです。

平板のリブ

鉄骨(鋼材)のリブ

鉄骨に使うリブの種類は、下記があります。


それぞれ説明します。

リブプレート

リブプレートとは、局所的な力に対して部材を補強する目的でつけるプレートです。リブプレートは下記の記事が参考になります。

スチフナーってなに?1分でわかる意味と、目的

異形鉄筋

異形鉄筋は、コンクリートと鉄筋の付着性を高めるため、突起があります。この突起は「リブ」ともいいます。異形鉄筋は、下記の記事が参考になります。

異形鉄筋と丸鋼の違い、サイズ、機械的性質、化学成分、規格

フラットデッキ

フラットデッキは、下図の形状をしています。赤丸の部分をリブ、といいます。

フラットデッキ

フラットデッキは、スラブが固まるまで、コンクリートの重量を支える目的があります。平なデッキでは弱いですが、リブを付けることで強くなります。※フラットデッキの意味は、下記の記事が参考になります。

フラットデッキとは何か、デッキプレートとの違い

リブと薄板構造

薄板構造(シェル構造)のように、薄い板で空間を創る構造があります。薄板の形を曲面につけることや、リブで補強することで、板の強度を高めます。

まとめ

今回は建築のリブについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。リブは、補強部材や突起物のことです。鉄骨造では、各部材にリブプレートを付けます。局所的な応力に対する補強材です。リブは、主に構造性能を高める目的でつけると覚えてくださいね。リブプレートの記事も、併せて参考にしてくださいね。

スチフナーってなに?1分でわかる意味と、目的

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 建築のリブとは?1分でわかる意味、鉄骨、鋼材、デッキとの関係、リブと薄板構造