1. HOME > 構造計算の基礎 > 呼び径とは?1分でわかる意味、読み方、内径との違い、φとの関係

呼び径とは?1分でわかる意味、読み方、内径との違い、φとの関係

呼び径とは、管やボルトなどの外径または内径を表す呼び方です。物の「名称」だとお考えください。ボルトや鉄筋にも呼び径があります。例えばアンカーボルトABR400の「M16」は、呼び径です。実際の軸径は14.54mmですが、小数点がある分、読みにくいですよね。今回は、呼び径の意味、読み方、内径との違い、φとの関係について説明します。※φについては下記が参考になります。

φと直径の関係は?1分でわかる意味、読み方、表記、外径、使い方


アンカーボルトの呼び径と実際の径は、下記が参考になります。

アンカーボルトってなに?アンカーボルトの目的と規格、サイズ、種類

呼び径とは?

呼び径とは、管やボルトなどの外径、内径を表す呼び方です。呼び径は、実際の径とは違います。よって、単なる名称または記号と考えて良いでしょう。管やボルトは、呼び径を使って図面表記することが普通です。


建築で、呼び径を使うものは、

です。アンカーボルトは下記が参考になります。

アンカーボルトってなに?アンカーボルトの目的と規格、サイズ、種類


高力ボルトは下記が参考になります。

高力ボルトってなに?よくわかる高力ボルトの種類と規格、特徴


配管(スリーブ)は下記が参考になります。

スリーブってなに?梁のスリーブ位置や間隔、孔径、スリーブ補強

呼び径の読み方

呼び径は、

と読みます。また、外径、内径の読み方を含めて整理しました。

呼び径と内径の違い

配管などは、呼び径が概ね内径を表します。但し、呼び径の数値と内径は一致しないので注意が必要です。

呼び径とφの違い

配管の呼び径は、概ね内径を表します。また、鉄骨造の柱などに使う鋼管は、φ(ふぁい)で表します。φは、主に鋼管の直径を意味します。実務では厳密に使い分ける方が少ないですが、混同しないよう注意したいですね。φについては下記が参考になります。

φと直径の関係は?1分でわかる意味、読み方、表記、外径、使い方


また、呼び径とφの違いを下記に整理しました(※ボルトやアンカーボルトは、外径しかないので下記の違いは無い)。

まとめ

今回は呼び径について説明しました。意味が理解頂けたと思います。呼び径は、管やボルトの径の呼び方です。実際の径は、小数点が付くなどややこしい数字です。呼び径は必ずキリの良い数字を使うので、表記が簡単ですね(さらに、言いやすい、覚えやすい)。


アンカーボルトや配管など、必ずしも呼び径と実際の径は一致しません。構造計算するとき、安易に呼び径から断面積を算出しないよう注意してくださいね。※φは下記が参考になります。

φと直径の関係は?1分でわかる意味、読み方、表記、外径、使い方

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 呼び径とは?1分でわかる意味、読み方、内径との違い、φとの関係