1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 建築学生の長期休みは何をすべき?建築屋が考える休みの過ごし方5選
スポンサーリンク

建築学生の長期休みは何をすべき?建築屋が考える休みの過ごし方5選

建築学生のあなたは、


「長期休みをどう使おう・・・」


と悩んでいませんか。毎日勉強で忙しくて意外かもしれませんが、大学生活は1年間の半分以上が休日です。高校生活と違い、長期休みが1〜2ヶ月間あるのが特徴です。


せっかくの長期休みだから有意義に使いたいですよね。そこで今回は、建築屋の私が考える、建築学生の長期休みの過ごし方を5つ提案します。


下記も合わせて参考にしてくださいね。

建築学生の間にやるべきことは何か?院卒で設計事務所に7年務め

建築屋が考える休みの過ごし方5選

私が考える長期休みの過ごし方を、下記にリストアップしました。


・旅行をする

・研究をする

・建築関係のイベントに参加する

・アルバイトをする(※建築関係のものに限る)

・全く建築に関係ない勉強を始めてみる


それぞれ解説しますね。

旅行をする

建築学生の間に、沢山の良い建築物をみてください。良い建築物は東京だけでなく、日本全国、世界各地にあります。実際の建築物をみて、空間に入りましょう。


学生の間は金銭的に遠出が難しいかもしれませんが、LCCや青春18切符など安く移動する手段も沢山あります。色々な建築物をみるために旅行しましょう。


良い建築物は下記の雑誌などを見て参考にしてください。

【厳選】建築学生のキミに伝えたい、1度は読むべき建築雑誌10選

研究をする

社会人になると「1つのテーマについて研究する」というチャンスは滅多にありません。私は大学院生活で研究に精を出しましたが、それが社会人生活に活きています。

建築関係のイベントに参加する

将来、建築の仕事をしたいのなら、建築のイベントや講演会へ積極的に参加するのも良いですね。講演会やイベントでは、業界の新しい情報などが発信されます。


ウェブで情報発信が活発になったとはいえ、建築業界はまだまだ雑誌や講演会、セミナーでの情報発信が主流です。主に東京とでイベントがあるので、建築物の見学や旅行もかねてイベントに参加しても良いでしょう。

アルバイトをする(※建築関係のものに限る)

お金が欲しい方はアルバイトも良いでしょう。授業で忙しい建築学生にとっては長期休みがチャンスです。ただし、建築以外のアルバイトで時間を費やすのはおすすめしません。もちろん社会経験にはなるのですが、将来、設計者や技術者になる方の糧(かて)になるとは思えません。


そういう私ですが、長期休みに飲食関係のアルバイトをした経験があります。確かにお金は手に入りましたが・・・正直、時間が勿体なかったと後悔しています。

全く建築に関係ない勉強を始めてみる

建築業界が変わるキッカケは、業界の外で起きる革新かもしれません。例えば、昔は手書きで描く図面が主流でした。その後CADが開発され、2DCADが主流になります。現在は、2DCADからBIMへと潮流が移る時期がきています。建築と離れた分野の勉強を進めるのも、今後、全く関係ないとは言い切れません。興味のあることを積極的に勉強するのも良いでしょう。

まとめ

今回は、建築学生の長期休みの過ごし方について紹介しました。普段、大学と自宅の往復になっている学生ほど旅行をおすすめします。何も海外に行けとはいいません。日本でも素晴らしい建築物は沢山あります。東京は良い建築物が沢山ありますし、講演会やセミナーも豊富です。どこに行けばいいか分からない方(地方に住む方で)は、東京旅行をおすすめします。また、新建築など建築雑誌をみて、みたい建築物をリストアップしてみましょう。

【厳選】建築学生のキミに伝えたい、1度は読むべき建築雑誌10選


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 建築学生向け就職情報 > 建築学生の長期休みは何をすべき?建築屋が考える休みの過ごし方5選