1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 単杭とは?1分でわかる意味、読み方、メリット、群杭との違い

単杭とは?1分でわかる意味、読み方、メリット、群杭との違い

単杭は、1つの柱に対して1本打設された杭を意味します。近年は、杭の支持力が大きくとれる工法がでたため、1本杭で反力を支えることができます。今回は、そんな単杭の意味、読み方、メリット、群杭との違い、単杭の端空きについて説明します。


杭については下記の記事が参考になります。

杭の種類はどのくらい?設計者が教える杭の種類と各杭の特徴、施工方法

単杭とは?

単杭とは1つの柱に対して、1本打設された杭です。下図をみてください。これが単杭です。

単杭

昔は杭の支持力が小さかったため、群杭が普通でした(群杭については後述します)。現在は、工法が改良され支持力が大きくとれます。結果として、1つの柱に対して1本の杭で反力(※反力は、柱1本当たりの荷重と考えてください)を支えることが可能です。


単杭は群杭に比べて施工が簡単です。1本杭を打つだけですから。また、構造的にもメリットが多いです。費用も群杭に比べて安くなる場合が多いです(ただし工法比較によります)。

単杭の読み方

単杭は「たんぐい」と読みます。

群杭の読み方

群杭は「ぐんくい」と読みます。

単杭のメリットとデメリット

単杭は多くのメリットがあります。デメリットはほとんどないです。

メリット

・施工が簡単

・工期が短い

・群杭に比べて費用も安い

・杭曲げが小さい

・フーチングに応力が発生しない


1つの柱に対して、杭を1本打設するだけです。よって施工が簡単です。当然、工期も短くなります。また群杭に比べて費用も安くなりやすいです。杭2本より、1本の方が材料費や施工費が減りますよね(ただし杭径、杭長の関係による)。


単杭の場合、フーチングに応力が発生しません。単杭に比べてフーチング断面が小さいこと、フーチングの配筋が減ります。※群杭はフーチングに曲げが生じるため、鉄筋が沢山必要です。2本打ちの杭のフーチングの検討は下記の記事が参考になります。

柱2つに対して杭1つの場合の、杭位置やフーチングの検討

デメリット

・支持力に限界がある(支える荷重が大きいと群杭が必要)

・杭に問題が生じたとき、冗長性に欠ける


支持力が大きく取れる工法が増えましたが、やはり限界があります。大規模な建物になると、群杭の採用になるでしょう。


また単杭は1本打ちの杭なので万が一問題が生じた時、重量を支えられません。そこで重要度の高い公共物件の中には、2本打ちを原則とするケースもあります。

スポンサーリンク
 

単杭と群杭の違い

単杭に対して、群杭とは1つの柱に対して複数打設する杭です。下図をみてください。これが群杭です。

群杭

群杭は支持力が本数分増えるので、大規模な建物で採用されます(小規模でも条件により群杭とします)。


群杭は、単杭に比べて施工性、工期などが増えます。また構造的に考える事項も多くなります。杭の本数が増えると、支持地盤などの沈下にも注意が必要です。

単杭の端空き

単杭の端空きは、


です。例えば杭径が300のときフーチング断面は


1.25*2*300=750です。

フーチングと杭の端空き

フーチングについては下記の記事が参考になります。

フーチングってなに?フーチングの意味と目的、地耐力との関係

まとめ

今回は単杭について説明しました。単杭の意味、メリットなどが理解頂けたと思います。用語の意味だけでなく、群杭との違いも理解すると覚えやすいです。また下記の記事も併せて参考にしてください。

杭の種類はどのくらい?設計者が教える杭の種類と各杭の特徴、施工方法

既製杭とは?すぐに分かる種類、長さ、へり空き、間隔について

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 単杭とは?1分でわかる意味、読み方、メリット、群杭との違い