1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 無筋コンクリートの比重は?1分でわかる値、2.35、鉄筋コンクリートの比重との違い
スポンサーリンク

無筋コンクリートの比重は?1分でわかる値、2.35、鉄筋コンクリートの比重との違い

無筋コンクリートの比重は、一般的に2.3です。圧縮強度が大きくなると、その分、無筋コンクリートの比重も2.35、2.4と増えます。また軽量コンクリートの比重は1.7、1.9、2.1です。今回は無筋コンクリートの比重と値、2.35との関係、鉄筋コンクリートの比重との違いについて説明します。無筋コンクリートの意味、コンクリートの比重は下記が参考になります。

無筋コンクリートってなに?1分でわかる意味と特徴

コンクリートの比重は?鉄筋コンクリートとの違い、骨材、鉄筋の影響

無筋コンクリートの比重は?

無筋コンクリートの比重は2.3です。密度で表すと2.3t/m3です。ただし、圧縮強度が大きくなると無筋コンクリートの比重も大きくなります。下記に圧縮強度と無筋コンクリートの比重の関係を示します。


Fc≦36N/mu ⇒ 2.3 t/m3

36<Fc≦48 N/mu ⇒ 2.35 t/m3

48<Fc≦60 N/mu ⇒ 2.4 t/m3


Fcは設計基準強度(圧縮強度)です。住宅や小・中規模の建築物は、設計基準強度が36 N/mu以下です。よって、無筋コンクリートの比重は2.3が一般的です。


無筋コンクリート、設計基準強度の意味は下記が参考になります。

無筋コンクリートってなに?1分でわかる意味と特徴

設計基準強度と品質基準強度の違いと、5分で分かるそれぞれの意味


また、軽量コンクリートの比重は1.9や2.1が一般的です。軽量コンクリートの比重も強度により変わります。下記に示します。


軽量コンクリートI種 Fc≦27N/mu ⇒ 1.9 t/m3

軽量コンクリートI種 27<Fc≦36 N/mu ⇒ 2.1 t/m3

軽量コンクリートU種 Fc≦27N/mu ⇒ 1.7 t/m3


軽量コンクリートの詳細は下記が参考になります。

軽量コンクリートの特徴と使用箇所について

スポンサーリンク

無筋コンクリートの比重と2.35

無筋コンクリートの比重は2.30(2.3)が一般的です。2.35は使いません。2.35は設計基準強度がかなり高い場合です。

無筋コンクリートと鉄筋コンクリートの比重の違い

無筋コンクリートと鉄筋コンクリートの比重の違いを下記に示します。


無筋コンクリート ⇒ 2.3、2.35、2.4

鉄筋コンクリート ⇒ 2.4、2.45、2.5(無筋コンクリートの比重+1)


上記の通り、鉄筋コンクリートの比重は、無筋コンクリートの比重に1を加えた値です。鉄筋、コンクリートの比重は下記が参考になります。

鉄筋の比重は?1分でわかる重量、d13の重量、sd295、sd345の関係

コンクリートの比重は?鉄筋コンクリートとの違い、骨材、鉄筋の影響

まとめ

今回は無筋コンクリートの比重について説明しました。意味が理解頂けたと思います。無筋コンクリートの比重は、一般的に2.3です。圧縮強度が大きくなると、無筋コンクリートの比重も変わります。下記も併せて勉強しましょう。

無筋コンクリートってなに?1分でわかる意味と特徴

コンクリートの比重は?鉄筋コンクリートとの違い、骨材、鉄筋の影響

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 無筋コンクリートの比重は?1分でわかる値、2.35、鉄筋コンクリートの比重との違い
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事