1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 鉄筋の記号とは?1分でわかる意味、記号の一覧、読み方

鉄筋の記号とは?1分でわかる意味、記号の一覧、読み方

鉄筋の記号は、鉄筋径の違いを分かりやすく表現したものです。今回は、鉄筋記号の意味、記号の一覧、記号の読み方、間違えやすい記号について説明します。鉄筋径については下記の記事が参考になります。

鉄筋のサイズと呼び径の関係、必ずわかる鉄筋サイズの覚え方

丸鋼とは?1分でわかる意味、規格、サイズ、読み方、重量、材質

鉄筋の記号とは?

鉄筋の記号は、鉄筋径の違いを分かりやすく表現するものです。鉄筋径D10とD13を並べました。2つの鉄筋は3mmの違いしか無いので、縮尺のある図面で描くと違いがわかりません。


要するに、鉄筋を図面で描くと全て同じ断面に見えます。そこで鉄筋径の違いは、径の太さでなく「記号」で表します。この記号を、鉄筋記号といいます。


部材リスト図や詳細図(配筋図など)では、鉄筋の断面を描きます。よって、よく使う鉄筋記号は必ず覚えましょう。※部材リスト図は下記の記事が参考になります。

部材リストとは?1分でわかる意味、描き方、鉄骨部材リスト、見方

鉄筋径と記号の一覧

鉄筋記号の一覧を下図に示します。

鉄筋径と記号

上記の記号が一般的ですが、仕様によって描き方が異なる場合もあります。これらの鉄筋記号は、構造図で当たり前に使います。最初は大変かもしれませんが、必ず暗記してくださいね。


D10〜D13は主にスラブ、壁の鉄筋、D16〜D22は小梁、D19〜D32は大梁や柱主筋に使います。

鉄筋の読み方

鉄筋の読み方を説明します。例えば下記の鉄筋の意味を考えてください。


これはD13が3本並ぶ、という意味です。


スラブの配筋を表現するとき使いますが、D13が200mm間隔で並ぶ、という意味です。下図をみてください。壁の断面詳細図で、鉄筋の姿図を描きます。D13を使うなら、D13の鉄筋記号を描きます。その上で、「D13@200」と表記すれば丁寧ですね。

鉄筋の読み方

断面として見えているD13は横筋です。横筋のD13が200mm間隔で配置される、と分かります。また断面でなく線としてみえる縦筋も、D13@200とわかりますね。

 

間違えやすい鉄筋記号

間違えやすい鉄筋記号は下記です。


D19とD10は、両方とも黒丸で違いがありません。D19と描いたのに、D10と間違えたら大変ですね。よって、D10は小さめに、D19は大きく描いて違いをつけましょう。


実体験ですが、D25で表現したのにD32と間違えられたことがあります。D25は〇の中に、黒丸です。D32は〇の中に、小さい〇があるので、縮尺によっては同じ記号にみえます。


D32は内側の○がみえるよう(黒丸にみえないよう)、図面を確認してくださいね。

まとめ

今回は鉄筋の記号について説明しました。記号の意味、目的、一覧が理解頂けたと思います。鉄筋の記号は、構造図を描くとき当たり前に使うものです。特に詳細図は、鉄筋記号の違いで径を判断するので、できる限りミスが無いよう注意したいですね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 鉄筋の記号とは?1分でわかる意味、記号の一覧、読み方