1. HOME > 構造力学の基礎 > 打ち放しコンクリートとは?1分でわかる意味、外壁、床、仕上がり状態の基準

打ち放しコンクリートとは?1分でわかる意味、外壁、床、仕上がり状態の基準

打ち放しコンクリートとは、タイルなどの仕上げを行わず、コンクリートの表面自身を仕上げとしたものです。打ち放しコンクリートを仕上げとして、一躍有名になった建築家が、「安藤忠雄」さんです。今回は、打ち放しコンクリートの意味、外壁、床の仕上がり状態の基準について説明します。本基準は、公共工事標準仕様書によります。公共工事標準仕様書は、下記の記事が参考になります。

標準仕様書とは?1分でわかる意味、建築物との関係、内容、最新版

打ち放しコンクリートとは?

打ち放しコンクリートとは、タイルなどの仕上げを行わず、コンクリートの表面自身を、仕上げとしたものです。


コンクリート表面の色はグレーで、見た目は少し冷たいですが、洗練された印象を与えます。安藤忠雄さんが、好んで打ち放しコンクリートを採用されました。その頃から、打ち放しコンクリートが流行したと思います。


一方で、コンクリート表面自身を仕上げとするためには、表面の平坦さ、平滑さが求められます。型枠を外すまで、徹底した監理が求められるのです。

打ち放しコンクリートと外壁の仕上がり状態

打ち放しコンクリートの外壁の仕上がり状態は、下図の種類に分かれます。

打ち放しコンクリートと外壁の仕上がり状態

A種が、最も質の良い打ち放しコンクリートです。Cに向かう順番で品質が落ちます。なお、各種類に応じて、型枠の仕様が変わります。簡単にいうと、A種に使う型枠は最も高品質です。※型枠の意味は、下記の記事が参考になります。

型枠の取り外しとは?1分でわかる意味、存置期間、圧縮強度、支柱の除去

外壁や床の仕上がりと平坦さ

外壁や床の仕上がり状態の平坦さは、下図の規定があります。

外壁や床の仕上がりと平坦さ

打ち放しコンクリートは、コンクリート表面自身を仕上げとするので、良好な平滑さ・平坦さが求められます。よって、3mにつき7mm以下の平坦さとします。


仕上げ材を張る場合で、ある程度、平坦さが無くても仕上げが可能なものは、1mあたり10mm以下の平坦さで良いです。タイル張りや二重床が該当します。

まとめ

今回は打ち放しコンクリートについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。コンクリート表面自身を仕上げとするので、慎重な施工・管理(監理)が必要です。仕上がり状態、平坦さの規定を、頭の片隅に入れておきましょう。詳細な基準は、JASS5や公共工事標準仕様書をご確認くださいね。

JASS5ってなに?1分で分かるJASS5の意味について

標準仕様書とは?1分でわかる意味、建築物との関係、内容、最新版


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 打ち放しコンクリートとは?1分でわかる意味、外壁、床、仕上がり状態の基準
  2. -->