1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 無筋コンクリートってなに?1分でわかる意味と特徴

無筋コンクリートってなに?1分でわかる意味と特徴

無筋コンクリートをご存じでしょうか。実務をしていると、思っている以上に無筋コンクリートを使う場面に遭遇します。今回は、そんな無筋コンクリートの意味と特徴について説明します。

無筋コンクリートってなに?

無筋コンクリートは、「鉄筋が入っていないコンクリート」のことです。無筋コンクリートの反対が「鉄筋コンクリート」で、これは皆さんご存知ですよね。


「無筋コンクリートなんて、建物のどこに使っているの?」と思いますよね。無筋コンクリートの適用箇所を後述しました。簡単に説明すると、無筋コンクリートは構造体には使用できません。鉄筋が入っていないので、強度が足りないのです。

無筋コンクリートの特徴

無筋コンクリートは下記の特徴があります。

1つめは、ひび割れが起きやすいことです。当然ですが、鉄筋が入っていないのでひび割れを抑制できません。ただ、ひび割れが起きても問題ない箇所に使うことが前提です。例えば、土間コンクリートに無筋コンクリートを適用するなら、ひび割れが許容範囲内であるか確認が必要です。


2つめは、品質に関する制限が緩いことです。例えば鉄筋コンクリートの場合、塩化量の制限があるのですが(鉄筋がさびないように)、無筋コンクリートは鉄筋が入っていないので、その制限はありません。


また強度を求めないので、Fcも低くていいです。

無筋コンクリートの適用箇所

コンクリートは圧縮に強く、引張はほとんど抵抗できません。よって柱や梁などの構造体には鉄筋コンクリートを使います。


無筋コンクリートは、「捨てコンクリート」や補強筋を用いない軽微な「土間コンクリート」、ラップルコンクリート(地盤改良用の無筋コンクリート)に適用します。ただ現実は、土間コンクリートでも鉄筋を入れるので、捨てコンクリートだけに無筋コンクリートを適用します。

無筋コンクリートの材料

無筋コンクリートは、鉄筋を入れない以外は普通コンクリートに用いられる材料と同じです。ただ、前述したように構造体に用いないので、構造体と同じFcは使いません。躯体はFc24でも、捨コンクリートならFc18にします。少しでも費用削減になりますね。


他にも、構造体強度補正を行う必要がないなど、普通コンクリートや他のコンクリートに比べて制限の適用が緩いのも特徴です。

まとめ

今回は無筋コンクリートについて説明しました。コンクリートは鉄筋を入れないのが普通なので、少し意外だったと思います。無筋コンクリートが「捨コン」「ラップルコンクリート」などに使われること程度は覚えても良いでしょう。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 無筋コンクリートってなに?1分でわかる意味と特徴