1. HOME > 鋼構造の基礎 > ベースモルタルとは?1分でわかる意味、まんじゅう、厚さ、養生期間

ベースモルタルとは?1分でわかる意味、まんじゅう、厚さ、養生期間

ベースモルタルとは、ベースプレート下に敷くモルタルのことです。ベースプレートを直接基礎コンクリート上に設置すると精度が悪いので、ベースモルタルが必要です。ベースモルタルは、専門用語で「まんじゅう」ともいいます。今回は、ベースモルタルの意味、まんじゅう、厚さ、養生期間について説明します。


なお、ベースモルタルは鉄骨柱の柱脚に必要です。柱脚の意味は、下記の記事が参考になります。

柱脚の種類

セメントとモルタル、コンクリートの特徴、違いを知るたった1つのポイント

ベースモルタルとは?

ベースモルタルとは、基礎コンクリート上に敷くモルタルです。コンクリート面に、直接鉄骨部材を留めようとしても、ベースプレートの位置などの精度がよくありません(鉄骨建て方の精度が悪い)。そこで、ベースモルタルを敷き、鉄骨建て方の精度を高めます。


ベースモルタルは、柱脚だけでなく「鉄骨部材とコンクリートを接合する際」必ず必要です。柱脚の詳細は、下記の記事が参考になります。

柱脚の種類


なお、ベースモルタルの仕上げ面の精度は下記とします。


限界許容差 ±5mm

管理許容差 ±3mm


ベースモルタルの仕上げ面は、建て方の精度に影響します。ベースモルタルを仕上げた後は、柱の建て方前にレベル検査を行います。


使用するモルタルは、無収縮モルタルが一般的です。モルタルの詳細は、下記の記事が参考になります。

セメントとモルタル、コンクリートの特徴、違いを知るたった1つのポイント

ベースモルタルと、まんじゅうの意味

「まんじゅう」とは、ベースモルタルのことです。


所定の厚み分、基礎コンクリート上にベースモルタルを敷きます。形状が「まんじゅう」に似ているので、業界用語で「まんじゅう」といいます。


なお、ベースモルタルの大きさは200角またはφ200程度とします。

ベースモルタルの厚さ

ベースモルタルの厚さは下記が一般的です。


30mm

50mm


既製柱脚のベースモルタル厚さは、各メーカーの規定によります。

ベースモルタルの養生期間

ベースモルタルの養生期間は、鉄骨建て方までに3日以上とります。なお、既製柱脚などは各メーカーの規定によります。

まとめ

今回はベースモルタルについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。ベースモルタルは、基礎コンクリート上に敷くモルタルです。鉄骨部材をコンクリートに接合する際の、精度をよくするため必要ですね。ベースモルタルは、専門用語で「まんじゅう」ともいいます。柱脚の意味、モルタルの特徴も併せて勉強しましょう。下記の記事が参考になります。

柱脚の種類

セメントとモルタル、コンクリートの特徴、違いを知るたった1つのポイント


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > ベースモルタルとは?1分でわかる意味、まんじゅう、厚さ、養生期間