1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 垂れ壁とは?1分でわかる意味、役割、防煙、構造、外壁との関係

垂れ壁とは?1分でわかる意味、役割、防煙、構造、外壁との関係

垂れ壁は、梁下や天井から垂れ下がるような壁です。内壁の垂れ壁は、防煙の目的があります。外壁の垂れ壁は、開口部の位置に応じてできます。今回は垂れ壁の意味、役割、防煙、構造、外壁との関係について説明します。


外壁の意味は、下記の記事が参考になります。

外壁とは?1分でわかる意味、内壁との違い、読み方、厚み、寸法

垂れ壁とは?

垂れ壁とは、天井や梁下から垂れ下がるような壁です。下図をみてください。これが垂れ壁です。

垂れ壁

内壁の垂れ壁は、防煙の役割があります。建物の中で火事が起きると、煙が発生します。煙が

垂れ壁の役割

垂れ壁の役割は、


防煙


です。内壁の垂れ壁は、煙の流動を妨げる効果があります。煙は、垂直方向に3〜5m/s、水平方向に0.5〜1.0m/sの速さで動きます。


水平方向の速さは、人が集団で移動するときのスピードと同じくらい、垂直方向は1秒で1階分を移動します。


つまり、「煙はすぐに充満」します。人が避難する時間を稼ぐために、煙のスピードを遅くする必要があります。この目的で垂れ壁が必要です。

垂れ壁の構造

防煙の役割を果たす垂れ壁は、不燃材料で覆う構造とします。外壁の垂れ壁は、外壁と同じ構造とします。

垂れ壁と防煙の関係

建築基準法の規定を満足する(防煙区画が必要な部分)内壁の垂れ壁は、防煙垂れ壁とします。

垂れ壁と外壁の関係

外壁に開口部を設けると、自然に垂れ壁ができます。下図をみてください。開口の無い壁に、窓を開けました。窓の上側の壁は、梁から垂れ下がっています。これを垂れ壁といいます。


鉄筋コンクリート造では、垂れ壁の扱いに注意します。RC造では、垂れ壁や袖壁、腰壁が部材の剛性に大きく影響します。垂れ壁の場合、梁の剛性を大きくする効果があります。剛性が大きいと、その部材に応力が集中し、必要な鉄筋が増えます。

垂れ壁と外壁の関係

※剛性の意味は、下記の記事が参考になります。

剛性とは?本当に分かる剛性の計算、単位、強度との違い、バネ定数


袖壁や腰壁と違い、垂れ壁は耐震スリットを切ることができません(梁下から垂れ下がっているため。スリットを切ると、垂れ壁が落ちる)。剛性を大きくしないよう、開口の大きさ、位置を調整することや、他部材の剛性のバランスに注意しましょう。

耐震スリットとは?1分でわかる意味と目的、構造スリット、目地幅

まとめ

今回は垂れ壁について説明しました。意味が理解頂けたと思います。垂れ壁は、天井や梁下から垂れ下がる壁です。内壁の垂れ壁は、防煙の役割があります。外壁の垂れ壁は、開口を設けることで自然とできます。鉄筋コンクリート造の垂れ壁に注意しましょう。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

外壁とは?1分でわかる意味、内壁との違い、読み方、厚み、寸法

剛性とは?本当に分かる剛性の計算、単位、強度との違い、バネ定数


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 垂れ壁とは?1分でわかる意味、役割、防煙、構造、外壁との関係