1. HOME > 構造計算の基礎 > 壁量とは?1分でわかる意味、読み方、計算、バランスと偏心率、壁倍率との関係

壁量とは?1分でわかる意味、読み方、計算、バランスと偏心率、壁倍率との関係

壁量とは、耐力壁の量を意味します。木造建築では、耐力壁の長さに壁倍率を掛けた値を集計し、壁量とします。鉄筋コンクリート造では、柱や壁の断面積を集計し、所定の計算を行い壁量とします。今回は、壁量の意味、読み方、計算、壁量のバランスと偏心率、壁倍率との関係について説明します。木造建築での必要壁量と存在壁量の求め方は、下記の記事が参考になります。

四分割法とは?1分でわかる意味、壁充足率、壁率比、計算法、偏心率

壁量とは?

壁量とは、耐力壁の量を意味します。木造、鉄筋コンクリート造共に、耐力壁で地震力や風圧力に抵抗する場合、「壁量」の確認をします。


所定の地震力や風圧力(水平力)に対して、必要な壁量を必要壁量といいます。実際の建物に存在する壁量は、存在壁量です。必要壁量Aと存在壁量Bは下式の関係になるよう設計します。これが壁量の確認です。


A < B


また、建物には方向性があります。一般的にX、Y方向について上記の確認を行います。下図をみてください。X方向とY方向で壁量が違いますよね。一方、地震力はX,Y方向で同じ値です。両方向に対して、必要壁量以上確保します。

壁量と方向性

なお、木造の壁量は、


壁の長さ×壁倍率


で計算します。鉄筋コンクリート造は、


柱(壁)の断面積×所定の係数

です。

壁量の読み方

壁量は「かべりょう」と読みます。壁量に関係する用語の読み方を下記に整理しました。


存在壁量 ⇒ そんざいかべりょう

必要壁量 ⇒ ひつようかべりょう

壁量のバランスと偏心率

壁量は沢山設ければよいわけでは無いです。壁の配置もバランスが大切です。下図を見て下さい。壁量は大きいです。しかし、壁が一部に集中していますね。壁が偏ると、建物はバランスを崩します。壁はバランスよく配置することで、本来の性能が発揮できます。


壁量などの耐震要素の偏りを表す指標が、偏心率です。偏心率の意味は下記の記事が参考になります。

偏心率とは何か?


木造では偏心率を求めませんが、四分割法を行い問題ないことを確認します。

四分割法とは?1分でわかる意味、壁充足率、壁率比、計算法、偏心率

壁量と壁倍率の関係

木造の壁量は、壁の長さに壁倍率を乗じた値です。壁の長さが短くても、壁倍率が高ければよいですね。壁倍率の意味、一覧は下記の記事が参考になります。

壁倍率とは?1分でわかる意味、筋交い、一覧、土壁の値、石膏ボード

壁量の計算

下図の壁量を計算しましょう。壁倍率は1.5とするとき、Y方向の壁量を求めましょう。

壁量の計算

Y方向の壁量は、


4カ所×1.0m×1.5=6.0m

ですね。

まとめ

今回は壁量の意味について説明しました。意味が理解頂けたと思います。壁量は、耐力壁の量です。木造、鉄筋コンクリート造で、壁量の求め方が違うことを覚えてくださいね。また、木造の壁量は、求め方が簡単です。一級建築士の試験問題でも頻出するので、ぜひ覚えてください。下記の記事が参考になります。

四分割法とは?1分でわかる意味、壁充足率、壁率比、計算法、偏心率


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 壁量とは?1分でわかる意味、読み方、計算、バランスと偏心率、壁倍率との関係