1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 柱付き壁とは?1分でわかる意味、付柱、梁付き壁、袖壁付き柱、せん断耐力との関係

柱付き壁とは?1分でわかる意味、付柱、梁付き壁、袖壁付き柱、せん断耐力との関係

柱付き壁とは、柱が取り付く壁のことです。似た用語で、袖壁付き柱があります。また、雑壁が付く梁を、梁付き壁といいます。今回は柱付き壁の意味、付柱、梁付き壁、袖壁付き柱、せん断耐力との関係について説明します。


※壁、柱の意味は下記の記事が参考になります。

耐震壁ってなに?すぐに分かる耐震壁の意味と役割、耐力壁との違い

柱、梁とは?1分でわかる役割、違い、剛比の計算

柱付き壁とは?

柱付き壁とは、柱が取り付く壁のことです。似た用語で、袖壁付き柱があります。意味としては同じですが、構造設計では「袖壁付き柱」と書くことが多いです(RC構造計算基準では、両方の用語が明記あります)。下図をみてください。柱に壁が付いています(壁に柱が付くという見方もできます)。

柱付き壁

垂れ壁と外壁の関係

構造設計では、柱を主体的に考え、「柱に雑壁が取り付く」と考えます。また、雑壁は構造的に望ましくない壁です。逆に、耐震性の高い壁を、耐力壁、耐震壁といいます。下記の記事が参考になります。

耐震壁ってなに?すぐに分かる耐震壁の意味と役割、耐力壁との違い


前述したRC構造計算基準では、柱付き壁など下記の分類があります。


耐震壁 ⇒ 両側に柱が取り付く壁

柱付き壁 ⇒ 袖壁付きの柱

柱無し壁 ⇒ 壁板

梁付き壁 ⇒ 腰壁や垂れ壁が取り付く梁

梁付き壁とは?

柱付き壁と同様に、梁が付く壁を、梁付き壁といいます。腰壁や垂れ壁が取り付く梁です。似た用語で境界梁があります。これは、耐震壁に付帯(取り付く)する梁です。

柱付き壁と付柱の関係

付柱(つけばしら)とは、壁に埋め込まれた柱のことです。ヨーロッパの建築物で、装飾用に設けられました。また、現代の建築物では「付柱」という用語を使うことは少ないです(少なくとも私が携わった物件では、付柱と書いたことはありません)。


なお、柱付き壁と付柱は同じ意味と考えてよいでしょう。

柱付き壁とせん断耐力

柱付き壁(袖壁付き柱)のせん断耐力は、壁の効果を無視して計算します。一方、剛性は袖壁の影響を考慮します。柱付き壁には多くのせん断力が集まる一方で、耐力は上がりません。フープを十分いれるなど、対策が必要です。※フープの意味は、下記の記事が参考になります。

帯筋とは?1分でわかる帯筋の意味、読み方、役割、間隔、帯筋比との関係


あるいは耐震スリットを入れて、袖壁と柱の縁を切る必要があります。※耐震スリットの意味は、下記の記事が参考になります。

耐震スリットとは?1分でわかる意味と目的、構造スリット、目地幅

まとめ

今回は柱付き壁について説明しました。意味が理解頂けたと思います。柱付き壁は、袖壁がとりつく柱のことです。剛性が高いので応力が集中します。構造部材のバランスが崩れるので、望ましくないですね。一般的に、袖壁際には耐震スリットを入れます。下記の記事も併せて参考にしてください。

耐震スリットとは?1分でわかる意味と目的、構造スリット、目地幅


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 柱付き壁とは?1分でわかる意味、付柱、梁付き壁、袖壁付き柱、せん断耐力との関係