1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 連層耐震壁とは?1分でわかる意味、境界梁との関係、崩壊形

連層耐震壁とは?1分でわかる意味、境界梁との関係、崩壊形

連層耐震壁とは、1階から最上階まで連続する耐震壁のことです。戸境壁のある集合住宅やマンションなどで、よくみられる構造です。※戸境壁とは、各住戸を仕切る壁のこと。今回は、連層耐震壁の意味、境界梁、枠梁との関係、崩壊形について説明します。耐震壁の特徴、意味は下記の記事が参考になります。

耐震壁ってなに?すぐに分かる耐震壁の意味と役割、耐力壁との違い

連層耐震壁とは?

連層耐震壁は、1階から最上階まで連続する耐震壁のことです。下図をみてください。これが連層耐震壁です。

連層耐震壁

鉄筋コンクリート造のマンションは、各住戸を仕切る壁を耐震壁とする構造が多いです。各住戸を仕切る壁を、戸境壁といいます。戸境壁は、隣の部屋の音が聞こえないよう遮音性が必要です。プライバシーを守るため、開口は一切設けません。よって、戸境壁は必然的に耐震壁となります。


一般的に、マンションの各住戸は各階で同じ位置です。よって、戸境壁は連層耐震壁となります。


連層耐震壁は、沢山の地震力が集中します。よって、連層耐震壁の支点に生じる反力の処理が注意します。引き抜き力が大きいと、すぐに支点が浮き上がります。多スパンの場合、外側でなく中央に連層耐震壁を設置します。中央の方が、引き抜き力に抵抗する長期軸力が大きいからです。※長期軸力の意味は、下記の記事が参考になります。

長期荷重・短期荷重

連層耐震壁と境界梁との関係

連層耐震壁は、境界梁を繋ぐことで、浮き上がりを抑える効果があります。境界梁は、せん断破壊が起きないよう注意します。梁のせん断耐力を高めるため、高強度せん断補強筋が必要になることもあります。※せん断破壊、曲げ破壊、高強度せん断補強筋は下記の記事が参考になります。

せん断破壊とは?1分でわかる意味、特徴、計算、危険性

高強度せん断補強筋ってなに?1分でわかる特徴と強度

連層耐震壁の崩壊形

連層耐震壁の崩壊形は、


壁の曲げ降伏

支点の浮き上がり

壁のせん断破壊


があります。靭性を高める構造とするためには、崩壊形は壁の曲げ降伏か、支点の浮き上がりが望ましいです。ただ、所定の保有水平耐力を満たせば、壁のせん断破壊でも不可では無いです。


耐震壁は、耐力が大きいのでせん断破壊も認められています。柱や梁はせん断破壊が認められません。脆性的な破壊だからです。※脆性、靭性の意味は下記の記事が参考になります。

脆性破壊ってなに?1分でわかる意味と、脆性破壊の種類

靭性とは?靭性のある材料とは?建物の耐震性との関係


せん断破壊は下記の記事が参考になります。

せん断破壊とは?1分でわかる意味、特徴、計算、危険性

まとめ

今回は連層耐震壁について説明しました。意味が理解頂けたと思います。連層耐震壁は、1階から最上階まで連続する耐震壁のことです。RC造のマンションに多く見られる構造形式です。連層耐震壁の特徴、崩壊形を理解してください。下記の記事も併せて参考になります。

耐震壁ってなに?すぐに分かる耐震壁の意味と役割、耐力壁との違い

建物の崩壊形とは?


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鉄筋コンクリート造の基礎 > 連層耐震壁とは?1分でわかる意味、境界梁との関係、崩壊形