1. HOME > 材料力学の基礎 > 塑性変形とは?1分でわかる意味、読み方、塑性加工、降伏点、弾性変形との違い
スポンサーリンク

塑性変形とは?1分でわかる意味、読み方、塑性加工、降伏点、弾性変形との違い

塑性変形(そせいへんけい)とは、外力を取り除いても残る変形です。降伏点を超える外力が作用するとき生じる変形です。力を取り除いて残った変形を、残留変形や永久変形ともいいます。逆に、力を取り除くと元に戻る変形を弾性変形といいます。今回は塑性変形の意味、読み方、塑性加工、降伏点、弾性変形との違いについて説明します。弾性変形の意味は、下記が参考になります。

弾性変形とは?1分でわかる意味、読み方、降伏点、塑性変形との境界

塑性変形とは?

塑性変形(そせいへんけい)とは、外力を取り除いても残る変形です。下図をみてください。これが塑性変形です。

塑性について

逆に、外力を取り除くと元に戻るような変形を、弾性変形といいます。建築物は、数十年に一度起きる地震に対しては「弾性変形」に留める設計を行います。日本では日常的に地震が起きます。地震が終わると、建物は普段通り使えますよね。弾性変形に留めるよう設計されている証拠です。


一方、数百年に一度起きる規模の地震に対しては、「塑性変形」が起きることを許容します。その代わり、建物の倒壊は防ぎます。よって、大地震が起きると、その後の建物は使えません。中地震、大地震の意味は、下記が参考になります。

中地震とは?1分でわかる意味、震度との関係、大地震との違い


大地震に対しても、弾性変形に留める設計ができれば一番良いです。しかし、構造部材が大き過ぎるため、経済性や意匠計画の上で問題が多いです。弾性変形の意味は、下記が参考になります。

弾性変形とは?1分でわかる意味、読み方、降伏点、塑性変形との境界

塑性変形の読み方

塑性変形は「そせいへんけい」と読みます。関係用語の読み方を、下記に示します。


弾性 ⇒ だんせい

塑性 ⇒ そせい

弾性変形 ⇒ だんせいへんけい

塑性加工 ⇒ そせいかこう

塑性変形と弾性変形の違い

塑性変形と弾性変形の違いを、下記に示します。


塑性変形 ⇒ 降伏点を超える力が作用するときに生じる変形。力を取り除いても変形が残る。残留変形、永久変形ともいう。

弾性変形 ⇒ 弾性領域内で生じる変形。力を取り除くと変形も無くなる。


弾性変形の意味は、下記が参考になります。

弾性変形とは?1分でわかる意味、読み方、降伏点、塑性変形との境界

塑性変形と降伏点の関係

物体に降伏点を超える外力が生じる時、塑性変形が生じます。降伏点が、弾性変形と塑性変形を分ける境界点と考えてください。弾性変形の意味は、下記が参考になります。

弾性変形とは?1分でわかる意味、読み方、降伏点、塑性変形との境界

塑性変形と塑性加工の関係

角形鋼管などの鋼材は、「塑性加工(冷間加工)」を行います。特に、角形鋼管の角部は溶接を避けるのが普通です。塑性加工の意味は、下記が参考になります。

弾性と塑性の性質について

まとめ

今回は塑性変形について説明しました。意味が理解頂けたと思います。塑性変形は、外力を取り除いても残る変形です。降伏点を超える外力が作用すると、塑性変形が生じます。弾性変形との違い、構造設計の手法など併せて勉強しましょう。下記が参考になります。

弾性変形とは?1分でわかる意味、読み方、降伏点、塑性変形との境界

塑性変形能力とは?すぐに分かる意味と塑性ヒンジとの関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 材料力学の基礎 > 塑性変形とは?1分でわかる意味、読み方、塑性加工、降伏点、弾性変形との違い