1. HOME > 構造力学の基礎 > 弾塑性とは?1分でわかる意味、読み方、材料、弾性と塑性の違い
スポンサーリンク

弾塑性とは?1分でわかる意味、読み方、材料、弾性と塑性の違い

弾塑性(だんそせい)とは、弾性と塑性の両方の性質を併せ持つことです。弾性とは、「力を加えると変形するが、力を取り除くと元の形に戻る」性質です。一方、塑性は力を加えて生じた変形が、力を取り除いても残る性質です。建築物に使う構造材料は、弾塑性の性質を持つことが多いです。今回は弾塑性の意味、読み方、材料、弾性と塑性の違いについて説明します。弾性、塑性の意味、完全弾塑性体など下記も参考になります。

弾性と塑性の性質について

完全弾塑性体とは?1分でわかる意味、定義、バイリニア、弾塑性状態、塑性状態

塑性変形とは?1分でわかる意味、読み方、塑性加工、降伏点、弾性変形との違い

弾塑性とは?

弾塑性(だんそせい)とは、弾性と塑性の両方の性質を併せもつことです。下図をみてください。鋼の応力―ひずみ線図です。


応力ひずみ線図


応力ひずみ線図の詳細は下記をご覧ください。

応力ひずみ線図とは?1分でわかる意味、ヤング率と傾き、考察、書き方、脆性材料


降伏するまでは弾性(この時点で力を取り除くと元に戻る)、降伏後は塑性(力を取り除いても変形が残る)状態となります。弾塑性材料は、鋼のように弾性と塑性の性質を持ちます。さらに、「降伏するまでは弾性、降伏後は塑性」という性質を持ちます。


消しゴムを手で力を加えると簡単に曲がりますが、力を抜くと元に戻りますよね。これが弾性です。降伏、弾性、塑性の意味は下記が参考になります。

降伏点とは?1分でわかる意味、求め方、SS400の値、単位、引張強さとの違い

弾性と塑性の性質について


なお材料などの違いで、前述した弾塑性状態を示す応力ひずみ線図も違います。降伏後の応力を維持しつつ、ひずみが増大する材料を「完全弾塑性体」といいます。詳細は下記が参考になります。

完全弾塑性体とは?1分でわかる意味、定義、バイリニア、弾塑性状態、塑性状態

スポンサーリンク

弾塑性の読み方

弾塑性は「だんそせい」と読みます。関係用語の読み方を下記に示します。


弾性 ⇒ だんせい

塑性 ⇒ そせい

塑性変形 ⇒ そせいへんけい

塑性変形能力 ⇒ そせいへんけいのうりょく

完全弾塑性体 ⇒ かんぜんだんそせいたい

塑性断面係数 ⇒ そせいだんめんけいすう

弾塑性の材料

弾塑性の材料の例を下記に示します。


鋼(こう)

鉄筋コンクリート

ステンレス

弾塑性、弾性と塑性の違い

弾塑性、弾性、塑性の違いを下記に示します。


弾塑性 ⇒ 弾性と塑性の性質を併せ持つこと

弾性  ⇒ 力を加えると変形し、力を取り除くと元に戻る性質

塑性  ⇒ 力を取り除いても変形が残る性質


詳細は下記も参考になります。

弾性と塑性の性質について

まとめ

今回は弾塑性について説明しました。意味が理解頂けたと思います。弾塑性は、弾性と塑性の性質を併せもつことです。弾性と塑性の意味をそれぞれ理解しましょうね。用語の意味だけでなく、応力ひずみ線図の形を関連付けると覚えやすいですね。下記が参考になります。

応力ひずみ線図とは?1分でわかる意味、ヤング率と傾き、考察、書き方、脆性材料

弾性と塑性の性質について

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 弾塑性とは?1分でわかる意味、読み方、材料、弾性と塑性の違い
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事