1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 増築とは?1分でわかる意味、確認申請、既存建築物との関係

増築とは?1分でわかる意味、確認申請、既存建築物との関係

増築とは、建築物の床面積を増加させることです。元の建物の床面積を増やさなくても、同じ敷地内に別棟の建築物を建てれば、敷地に対して増築したという扱いです。今回は増築の意味、確認申請、既存建築物との関係について説明します。


増築は、既存不適格と大きく関係します。下記の記事も併せて参考にしてください。

既存不適格とは?1分でわかる意味、遡及の緩和、増築、大規模修繕

増築とは?

増築とは、建築物の床面積を増加させることです。下図をみてください。元の建物に部屋を増やすため床面積が増えました。当然、増築です。一方で、同じ敷地内ですが、元の建物から離れた位置に、別の建物を建てた場合、これも増築に該当します。

増築

同じ敷地に対して、「床面積が増えた」といえるからです。なお、建築基準法では、新築、増築、改築、移転を、「建築」といいます。

増築は法律的、技術的にも複雑です

思っている以上に、増築は複雑です。元の建築物への影響を考えながら、増築部分の設計を行います。また、工事が始まってから問題が発生することも少なくないです(図面に描いてない配管が見つかるなど)。増築は、新築に比べて、技術的に複雑です。


よって、できる限り、既存建築物と増築部分は、互いに影響しない構造方法が必要です。簡単な方法が「縁を切る(既存と増築部を別棟にする)」ことです。


要するに、既存部分から切り離して、増築部を建てます。ただ、構造的に切り離しても、建物として一体でないと使いにくいです。


そこで、「エキスパンションジョイント」を使います。※エキスパンションジョイントの意味は、下記の記事が参考になります。

エキスパンションジョイントとは?1分でわかる目的と構造

増築の確認申請と既存建築物の関係

増築の確認申請では、既存建築物に注意します。ポイントは2つです。


・増築部は現行の建築基準法に適合させること

・既存部分は既存不適格のままで問題ない設計を行うこと


増築部を現行法規に適合させるのは、当たり前ですね。問題は既存部分の扱いです。既存建築物が、既存不適格の場合、現行法規に適合させるのは面倒です。できるだけ、既存建築物は「何もしない」のが一番簡単です。


簡単な方法が、既存不適格建築物と増築部を、エキスパンションジョイントで接合することです。※エキスパンションジョイント、既存不適格は、下記の記事が参考になります。

エキスパンションジョイントとは?1分でわかる目的と構造

既存不適格とは?1分でわかる意味、遡及の緩和、増築、大規模修繕


エキスパンションジョイントで既存部分と切り離せば、既存部は「既存不適格のまま」にできます。


ただし、増築部の面積(1/20以下かつ50u以下、または1/2以下)により、既存建築物に対する検証項目が違います。増築部の面積が1/20以下かつ50u以下で、エキスパンションジョイントで切り離した場合、既存不適格部の検証は不要です。1/2以下、1/2以上の場合、エキスパンションで切り離しても、既存建築物の構造的な検証が必要になります。

まとめ

今回は増築について説明しました。意味が理解頂けたと思います。増築は、元の建物の床面積が増加することです。建物が離れていても、同じ敷地内の床面積が増えれば増築に該当します。増築は、技術的・申請的にも複雑です。既存不適格、エキスパンションジョイントとの関係も理解しましょう。下記の記事が参考になります。

エキスパンションジョイントとは?1分でわかる目的と構造

既存不適格とは?1分でわかる意味、遡及の緩和、増築、大規模修繕


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 増築とは?1分でわかる意味、確認申請、既存建築物との関係