1. HOME > 構造計算の基礎 > 延べ面積とは?1分でわかる意味、計算、バルコニーの考え方、容積率の関係

延べ面積とは?1分でわかる意味、計算、バルコニーの考え方、容積率の関係

延べ面積とは、各階の床面積を全て合計した面積です。建築基準法施行令2条1項四号に規定されます。※なお、延べ床面積と書く方もみえますが、法文では「延べ面積」が正しいです。今回は、延べ面積の意味、計算、バルコニーや階段の考え方、容積率の関係について説明します。併せて、下記の記事もご参考にしてください。

水平投影面積とは?1分でわかる意味、計算法、法面

敷地とは?1分でわかる意味、建築基準法の定義、敷地面積

延べ面積とは?

延べ面積とは、各階の床面積を全て合計した面積です。施行令2条1項四号の規定は、下記です。※ただし書きは省略しています。


意味は簡単ですね。延べ面積の、ただし書きを下記に明記します。


面積に算入しない建築物の用途を下記に整理しました。

延べ面積の計算

延べ面積の計算は、各階の床面積を合計すれば良いです。床面積の求め方は、施行令2条1項五号に規定されています。下記に示しました。

※水平投影面積は下記の記事が参考になります。

水平投影面積とは?1分でわかる意味、計算法、法面


下図をみてください。「壁その他の区画の中心線で囲まれた部分」なので、柱、壁、梁で囲まれた部屋の床面積は、「壁芯間距離」同士を掛けて算定します。

壁芯間距離

例えば、柱芯間距離が6.0m角で壁芯間距離が5.5m角のとき、床面積は

です(6.0×6.0=36.0uでは無いです)。


また、吹き抜けは床面積に含みません。

スポンサーリンク
 

延べ面積とバルコニー、階段の考え方

では、バルコニー(ベランダ)と階段は延べ面積に含めるのか、気になりませんか。法や令は、基本的な考え方のみ書いてあり、具体的な項目が示されていません。


一般的には、

・バルコニー(屋外の廊下など)は、2m以下は床面積に含まない。2m以下を控除し、残った値は床面積に含める。

・階段(屋内階段)は床面積に含める。


として運用されます。ただし、各自治体で考え方が変わる可能性もあります。気になる方は、建築指導課、民間審査機関へ確認すると良いでしょう。

延べ面積と容積率の関係

延べ面積は、容積率を算定する目的で計算することがあります。容積率の算定は下記です。

敷地面積が1000u、延べ面積が500uとします。容積率は、

です。

延べ面積と延べ床面積の違い

延べ面積と延べ床面積は同じ意味です。但し、法文は「延べ面積」と明記あります。延べ面積が正しい用語です。

延べ面積の読み方

読み方を下記に整理しました。


延べ面積  ⇒ のべめんせき

延べ床面積 ⇒ のべゆかめんせき

まとめ

今回は延べ面積について説明しました。意味が理解頂けたと思います。延べ面積の意味は、比較的理解しやすいですね。各階の床面積の合計です。バルコニーや階段の考え方も覚えてくださいね。判断に悩む場合は、各自治体の運用を確認すると良いですね(例えば、広島市は、床面積の考え方を整理していました)。


下記の本も参考になります。是非、参考にしてくださいね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造計算の基礎 > 延べ面積とは?1分でわかる意味、計算、バルコニーの考え方、容積率の関係