1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 建築面積とは?1分でわかる意味、延床面積との違い、建ぺい率、テラス

建築面積とは?1分でわかる意味、延床面積との違い、建ぺい率、テラス

建築面積とは外壁などの中心線で囲まれた部分の大きさを、水平面に投影した面積です。似た用語で延床面積があります。これは建築物の各階の床面積の合計です。今回は、建築面積の意味、延床面積との違い、建ぺい率、建築面積とテラスの関係について説明します。※延床面積の意味は下記の記事が参考になります。

延べ面積とは?1分でわかる意味、計算、バルコニーの考え方、容積率

建築面積とは?

建築面積とは、外壁などの中心線で囲まれた部分の大きさを、「水平面」に投影した面積です。水平面に投影した面積なので、実際の長さと水平投影した長さが変わることもあります。※水平投影の意味は、下記の記事が参考になります。

水平投影面積とは?1分でわかる意味、計算法、法面


「外壁などの中心線」を、建築では「壁芯」といいます。建築面積は、水平面に投影された壁芯で囲まれた面積ですね。※壁芯の意味は、下記の記事が参考になります。

壁芯、柱芯、通り芯とは何か?


また、外壁がない場合、柱の中心線など、外壁芯にかわる中心線をもって、面積を計算します。


建築面積の定義は、建築基準法施行令2条第1項二号に明記があります。

建築面積と延床面積の違い

建築面積と延床面積の違いは、下記が参考になります。


建築面積 ⇒ 外壁などの中心線で囲まれた部分の大きさを、水平面に投影した面積

延床面積 ⇒ 建築物各階の床面積の合計のこと。※なお、床面積は外壁芯などで囲まれた部分の水平投影面積のこと


※延床面積、水平投影面積の意味は、下記の記事が参考になります。

延べ面積とは?1分でわかる意味、計算、バルコニーの考え方、容積率

水平投影面積とは?1分でわかる意味、計算法、法面

建築面積と地階の関係

下図のように、地階の部分が、地面より1mを超える場合は、建築面積に含めます。地階の部分が、1m以下の場合、地階の部分は建築面積に含めません。

建築面積と地階の関係

建築面積と建ぺい率の関係

建ぺい率は、建築面積を敷地面積で割った値です。計算式で書くと、下記です。


建ぺい率=建築面積÷敷地面積


建築基準法第53条では、建ぺい率の限度が規定されています。※建ぺい率の意味は、下記の記事が参考になります。

建ぺい率とは?1分でわかる意味、計算、用途地域、調べ方、バルコニー

テラスの建築面積

テラスや、軒、庇のように、外壁から跳ね出す部分は、先端から1mまでは建築面積に含めません。下図をみてください。庇が外壁から飛び出ていますね。庇の長さがちょうど1mの場合、庇部分は建築面積に含めません。出寸法が1.5mになると、1.5−1.0=0.5mの範囲を、建築面積に含めます。

テラスと建築面積の関係

まとめ

今回は建築面積について説明しました。意味が理解頂けたと思います。建築面積は、外壁芯で囲まれた部分の大きさを、水平面に投影した面積です。建築面積の意味、延床面積との違いを覚えてくださいね。また、外壁から飛び出る部分の、建築面積の考え方も理解しましょう。下記の記事も併せて参考にしてください。

延べ面積とは?1分でわかる意味、計算、バルコニーの考え方、容積率

水平投影面積とは?1分でわかる意味、計算法、法面

敷地とは?1分でわかる意味、建築基準法の定義、敷地面積


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 一級建築士、二級建築士の勉強 > 建築面積とは?1分でわかる意味、延床面積との違い、建ぺい率、テラス