1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 安息角とは?1分でわかる意味、建築基準法、基礎、角度

安息角とは?1分でわかる意味、建築基準法、基礎、角度

安息角とは、土が崩れないで安定しているときの、土の斜面の角度です。似た用語に「内部摩擦角」があります。崖地にある建物の基礎は、安息角を超えて設置しないこと大切です。今回は安息角の意味、建築基準法との関係、基礎の深さ、安息角の角度について説明します。※内部摩擦角は、下記の記事が参考になります。

N値、内部摩擦角とは?ざっくり地盤の特性を知る5つのTIPs

安息角とは?

安息角とは、土が崩れないで安定するときの、土の斜面の角度です。下図をみてください。これが安息角です。

安息角

安息角と似た用語で、内部摩擦角があります。内部摩擦角は、砂質土の強さを角度で表した値です。内部摩擦角の意味は、下記の記事が参考になります。

N値、内部摩擦角とは?ざっくり地盤の特性を知る5つのTIPs

安息角と建築基準法の関係

安息角に関する記述は、建築基準法の中に無いですが、建築物の技術基準解説書のp77に、がけ地と安息角に関して明記があります。

安息角と基礎の関係

崖地や崖を支える擁壁の近くに建物を造る場合、安息角のラインを超えない位置に基礎を設けます。下図に示しました。

安息角と基礎の関係

安息角の角度は、土質に応じて変わります。N値の高い土ほど、安息角は大きいです。弱い地盤ほど安息角が小さいので、建物を、より崖から離す必要があります。※N値の意味は、下記の記事が参考になります。

N値、内部摩擦角とは?ざっくり地盤の特性を知る5つのTIPs

安息角の角度

安息角の角度は、土質により異なりますが、例えば下記の値があります。


切土 ⇒ 45°

盛土 ⇒ 30°


また、宅地法によれば擁壁不要となる土の傾斜角度は下記です。


軟岩 ⇒ 60°以下

風化の著しい岩 ⇒ 40°以下

砂利、真砂土、関東ローム、硬質粘土など ⇒ 35°以下

まとめ

今回は安息角について説明しました。意味が理解頂けたと思います。安息角は、土が崩れないで安定したときの角度です。崖地などに建物をつくる場合、安息角を超える位置に、基礎を設置しないことが重要です。なお、内部摩擦角の意味も覚えてくださいね。下記の記事が参考になります。

N値、内部摩擦角とは?ざっくり地盤の特性を知る5つのTIPs

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 安息角とは?1分でわかる意味、建築基準法、基礎、角度