1. HOME > 構造計算の基礎 > 盛土とは?1分でわかる意味、切土との違い、読み方、種類、使い方

盛土とは?1分でわかる意味、切土との違い、読み方、種類、使い方

盛土は、元々の土地に土を盛る(もる)ことです。建築業界では、盛土(もりど)と読むのが普通です。盛り土(もりつち)ともいいます。今回は、盛土の意味、切土との違い、読み方、種類、盛土の使い方について説明します。※盛土と似た用語に、埋戻しがあります。埋戻しについては下記の記事が参考になります。

埋戻しとは?1分で分かる埋戻し土の種別とA種の特徴

盛土とは?

盛土とは、土地に土を盛る(もる)ことです。土を盛る理由には下記が考えられます。

詳細な説明は後述しました。


盛土は、勾配のある土地を平坦にするとき、平坦な土地に勾配にするとき行います。両方とも「地面の高さを変えたい」という目的があります。


例えば、建築工事では、まず根切りという作業を行います。根切りとは、所定の地盤面まで掘削する工事です。根切りは下記の記事が参考になります。

根切りとは?1分でわかる意味、山留、埋戻し、根切り深さとの関係


根切りした後は、基礎を設置して土を戻します。これを埋戻しといいます。埋め戻した土が「盛土」です。※埋戻しは下記の記事が参考になります。

埋戻しとは?1分で分かる埋戻し土の種別とA種の特徴


例えば、庭をつくるとき、元の地面より高くしたいと考えます。このとき、地面を高くするために土を盛ります。これが盛土です。


盛土は「土を盛っている」います。人工的に締固めますが、建物を支えられない軟らかい土です。強度はほとんどありません。盛土は軟弱な地盤で、沈下を起こします。盛土に基礎は設置するのは望ましく無いです。

盛土と切土の違い

盛土と切土の違いを下記に整理しました。


盛土 ⇒ 元々の地盤に、土を盛ること

切土 ⇒ 元々の地盤を切ること


下図をみてください。元の地盤に勾配があり、一番低いレベルに合わせて平坦な地盤にするとき、切土を行います。

切土

スポンサーリンク
 

盛土、盛り土の読み方、切土、切り土の読み方

盛土、盛り土、切土、切り土の読み方を下記に整理しました。


実務では、「もりど」と言うことが多いです。「もりつち」でも間違いではないですが一般的ではないですね。

盛土の種類

公共工事標準仕様書では、盛土の種別が規定されています。下記に整理しました。


A〜D種のいずれの場合でも、締固めが必要です。上記は、埋戻し土と同様の基準です。下記の記事も参考になります。

埋戻しとは?1分で分かる埋戻し土の種別とA種の特徴

盛土の使い方

盛土の使い方を前述しました。


下図をみてください。勾配のある土地で、一番高いレベルで平坦にするとき、盛土が必要です。

盛土

または、平坦な土地に勾配をつけたいとき、盛土を行います。

盛土と勾配

また、圧密沈下(時間とともに沈下すること)する地盤で、高さを一定に保ちたいとき、沈下する地盤の上に盛土を行います。

まとめ

今回は、盛土について説明しました。意味が理解頂けたと思います。盛土とは、土を盛る工事です。「もりど」と読みます。盛土の読み方、使い方は覚えてください。また、盛土は構造的には軟弱な地盤で、基礎設置はできません。盛土を理解するには、根切り工事や埋戻しの意味も大切です。下記の記事も併せて参考にして下さい。

埋戻しとは?1分で分かる埋戻し土の種別とA種の特徴

根切りとは?1分でわかる意味、山留、埋戻し、根切り深さとの関係

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 盛土とは?1分でわかる意味、切土との違い、読み方、種類、使い方