1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 切土とは?1分でわかる意味、読み方、盛土との違い、地盤の強さとの関係
スポンサーリンク

切土とは?1分でわかる意味、読み方、盛土との違い、地盤の強さとの関係

切土(きりど)とは、地盤を切り出すことです。例えば、斜めの地盤を水平にするために、地盤を切って(削って)、土を持ち出します。これが切土です。似た用語に「盛土(もりど)」があります。切土は、盛土と逆の作業といえます。盛土の意味は、下記が参考になります。

盛土とは?1分でわかる意味、切土との違い、読み方、種類、使い方

切土とは?

切土(きりど)とは、土を切って持ち出すことです。下図をみてください。斜めの地盤があります。斜めの地盤の上に家を建てるのは面倒です。そこで地盤を平(たいら)にします。


切土


皆さんは、どうやって平にしますか。2つ方法があると思います。1つは、斜めの部分に土を盛ること。これを盛土(もりど)といいます。2つめは、上図のように、斜めの地盤を切り出して平にすること。これを切土といいます。


切土を行った土は、敷地の外に持ち出す、などの処理を行います。盛土の意味は、下記が参考になります。

盛土とは?1分でわかる意味、切土との違い、読み方、種類、使い方

切土の読み方

切土は「きりど」と読みます。関係用語の読み方は下記です。


盛土 ⇒ もりど

地山 ⇒ じやま

掘削 ⇒ くっさく

根切り ⇒ ねぎり


盛土、掘削、根切りの意味は、下記が参考になります。

盛土とは?1分でわかる意味、切土との違い、読み方、種類、使い方

根切りとは?1分でわかる意味、山留、埋戻し、根切り深さとの関係

切土と盛土との違い

切土と盛土の違いを下記に示します。


切土 ⇒ 地盤を切って(掘削して)、別の場所に移すこと。斜めの地盤を水平にするために、切土を行う。

盛土 ⇒ 地盤の上に、新しい土を盛ること。土を盛る際は、転圧(締固め)を行う。ただし、転圧を行っても盛土の耐力は低い。盛土の上に基礎の設置は行わないのが普通。


盛土の意味は、下記も参考になります。

盛土とは?1分でわかる意味、切土との違い、読み方、種類、使い方

切土と地盤の強さの関係


下図をみてください。切土を行っても、元の地盤の強さに影響がありません。

切土と地盤の強さ


元の地盤が強ければ、切土を行った上に建物の基礎を設置することが可能です。

まとめ

今回は切土について説明しました。意味が理解頂けたと思います。切土は、地盤を切り出すことです。斜めの地盤を平にするとき行います。地盤を造成するときに、切土や盛土を行います。切土だけでなく、盛土、根切りなど関係用語の意味も理解しましょう。下記が参考になります。

盛土とは?1分でわかる意味、切土との違い、読み方、種類、使い方

根切りとは?1分でわかる意味、山留、埋戻し、根切り深さとの関係


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 切土とは?1分でわかる意味、読み方、盛土との違い、地盤の強さとの関係