1. HOME > 基礎構造を学ぶ > ベントナイトとは?1分でわかる意味、建築での使い方、成分、種類

ベントナイトとは?1分でわかる意味、建築での使い方、成分、種類

ベントナイトとは、粘土の1つです。弱アルカリ性の粘土岩で、火山岩や流紋岩が変質したものです。実務では、ベントナイトで通じます。ベントナイトは、杭周辺の孔壁保護に使います。今回は、ベントナイトの意味、建築での使い方、成分、種類について説明します。※土の種類は、下記の記事が参考になります。

土の比重とフーチングの比重

ベントナイトとは?

ベントナイトとは、粘土の1つです。弱アルカリ性の粘土岩で、火山岩や流紋岩が変質したものです。実務では「ベントナイト」で通じます。


ベントナイトは主に、

として使います。


ベントナイトは粘性があります。よって、ベントナイトを水に溶かした液体を土に混ぜると、土に粘性と透水性が付与されます。

建築でのベントナイトの使い方(用途)

ベントナイトは、杭工事の掘削液、杭周固定液として使います。


杭工事は、主にプレボーリングを行います(杭を打設する前に、杭を入れる孔を空けること)。詳細は下記の記事が参考になります。

既製杭とは?すぐに分かる種類、長さ、へり空き、間隔について


地盤に孔を空ける機械をオーガといいます。オーガで地盤を掘削しますが、オーガを抜いた後、土が崩れたら意味がありません。下図のように杭を入れる孔が必要なのです。

オーガと杭の孔

上図をみてください。孔を空けてできた壁を「孔壁」といいます。孔壁をつくるために、

が必要です。掘削液は、オーガで地盤を掘削するとき注入される液体で、下記の成分です(分量は例です)。


掘削液は、掘削したときの孔壁を安定させ、杭と孔壁のすき間を掘削液で充填する目的です。杭周面摩擦力を回復させます。


支持層まで掘削した後、オーガを抜きますが、このときオーガを抜くと同時に「杭周固定液」を注入します。杭周固定液の成分は下記です(分量は例です)。

杭周固定液は、主に孔壁の崩壊防止などを目的としています。

スポンサーリンク
 

ベントナイトの成分

ベントナイトは粘土の1つです。ベントナイトの成分を下記に整理しました。

ベントナイトの種類

ベントナイトには下記の種類があります。


掘削液として使われるベントナイトは、Na−ベントナイトです。

ベントナイトと粘土との違い

ベントナイトは粘土の種類の1つです。ベントナイトにも粘性があります。プレボーリングしたときの、孔壁保護の液体として使います。

ベントナイトとセメントミルクの違い

ベントナイトとセメントミルクは全く違う意味です。ベントナイトは粘性土の1つです。絵面とミルクは、水にセメントを溶かした液体です。セメントミルクの成分を下記に示します(分量は例)。

まとめ

今回はベントナイトについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。建築でベントナイトは、主に杭工事に使います。ベントナイトは粘土の1つだと覚えてくださいね。ベントナイトと掘削液、杭周固定液の関係、成分を理解しましょう。併せてプレボーリング工法も理解してくださいね。

既製杭とは?すぐに分かる種類、長さ、へり空き、間隔について

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > ベントナイトとは?1分でわかる意味、建築での使い方、成分、種類