1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 現地調査とは?1分でわかる意味、読み方、建築との関係、種類

現地調査とは?1分でわかる意味、読み方、建築との関係、種類

現地調査とは、設計や施工に必要な資料・情報採取のため、現地で行う調査です。建築の現地調査は、主に地盤に関する調査です。今回は現地調査の意味、読み方、建築との関係、現地調査の種類について説明します。


現地調査として、標準貫入試験、平板載荷試験などがあります。詳細は、下記が参考になります。

標準貫入試験とは?1分でわかる意味、打撃回数とn値の関係、試料の種類

平板載荷試験の結果と地耐力の算定式の違い

現地調査とは?

現地調査とは、設計や施工に必要な資料・情報を採取するため、現地で行う調査です。建築では、下記の現地調査を行います。


地盤

既存建物


新しく建物を造るとき、必ず地盤の現地調査を行います。中でも、ボーリング調査は一般的に行う調査です。ボーリング調査の意味は、下記が参考になります。

ボーリング調査ってなに?すぐに分かるボーリング調査と標準貫入試験


他にも、建物の耐震診断、耐震改修を行うとき、既存建物の現地調査が必要です。耐震改修、耐震診断の意味は、下記が参考になります。

耐震改修とは?1分でわかる意味、方法、耐震補強との違い、耐震診断

耐震診断とは?1分でわかる意味、基準、診断方法、義務

現地調査の読み方

現地調査は「げんちちょうさ」と読みます。関係用語の読み方を、下記に示します。


標準貫入試験 ⇒ ひょうじゅんかんにゅうしけん

平板載荷試験 ⇒ へいばんさいかしけん

ベーン試験 ⇒ べーんしけん


標準貫入試験、平板載荷試験の意味は、下記が参考になります。

標準貫入試験とは?1分でわかる意味、打撃回数とn値の関係、試料の種類

平板載荷試験の結果と地耐力の算定式の違い

現地調査と建築の関係

建築の現地調査は、主に「地盤の性質」を調べる調査が多いです。全ての建物は地盤の上に建つため、地盤の強度や種類を知ることは必要不可欠だからです。

現地調査の種類

現地調査の種類を下記に示します。


試掘

ボーリング調査

平板載荷試験

サウンディング試験


試掘とは、地盤を掘削して支持層を確認することです。詳細は、下記が参考になります。

試験杭の基礎知識と、役割とは?


ボーリング調査には、標準貫入試験や孔内水平載荷試験があります。詳細は、下記が参考になります。

ボーリング調査ってなに?すぐに分かるボーリング調査と標準貫入試験


平板載荷試験、サウンディング試験は、現地で地盤の耐力などを確認する試験です。下記が参考になります。

平板載荷試験の結果と地耐力の算定式の違い

スウェーデン式サウンディング試験とは?1分でわかる意味、地耐力、深さ

まとめ

今回は現地調査について説明しました。意味が理解頂けたと思います。現地調査は、設計や施工に必要な資料・情報採取のため、現地で行う調査です。建築の現地調査は、主に地盤の性質を調べます。現地調査の種類を覚えましょう。特に、ボーリング調査の意味、内容を理解しましょうね。下記が参考になります。

ボーリング調査ってなに?すぐに分かるボーリング調査と標準貫入試験


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 現地調査とは?1分でわかる意味、読み方、建築との関係、種類