1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 鋼杭とは?1分でわかる意味、読み方、種類、特徴、鋼管杭との違い

鋼杭とは?1分でわかる意味、読み方、種類、特徴、鋼管杭との違い

鋼杭とは、鋼材でつくった杭のことです。鋼杭は、鋼管杭が多いので実務では、「鋼杭=鋼管杭」の認識です(鋼管杭は、鋼杭の種類の1つです)。今回は、鋼杭の意味、読み方、種類、特徴、鋼管杭との違いについて説明します。※鋼については下記の記事が参考になります。

鋼構造ってなに?よく分かる鋼構造と鉄骨構造、構造力学との関係


また他の杭については、下記の記事が参考になります。

杭の種類はどのくらい?設計者が教える杭の種類と各杭の特徴、施工方法

鋼杭とは?

鋼杭とは、鋼材でつくった杭です。下記の種類などがあります。

山留壁の工法に、親杭横矢板工法があります。これは、H形鋼の親杭を打ち込み、その間に横矢板を挿し込む方法です。親杭はH鋼杭を使います。※親杭横矢板については下記の記事が参考になります。

山留めとは?1分でわかる意味、種類、土留めとの違い、根切りとの関係


また、鋼杭には、「回転圧入工法」という特殊な施工方法があります。これは、鋼管杭を回転させながら、地盤に圧入する方法です。鋼管杭の先端には、地盤を掘削しやすいような羽根がついています。


既製のコンクリート杭は、プレボーリング工法が一般的です。杭を建てこむ孔を、先に掘削する方法ですね。プレボーリングについては、下記の記事が参考になります。

既製杭とは?すぐに分かる種類、長さ、へり空き、間隔について


回転圧入工法は、あらかじめ地盤を掘削しないので、「排土(掘削して不要な土)」がありません。建物によっては、無排土(排土が無いこと)にしたい、という要望もあります。色々ある杭工法の中で、唯一の無排土工法が、鋼管回転圧入工法です(最近使用されない打撃工法などは除く)。

鋼杭の読み方

鋼杭は、「こうぐい」と読みます。鋼管杭は「こうかんぐい」です。

スポンサーリンク
 

鋼杭の種類

鋼杭の種類を下記に整理しました。


山留に使う、H鋼杭は打撃や埋め込みなどの施工方法が使えます。鋼管杭は、前述した「回転圧入工法」が一般的です。


他の杭や杭工法の種類については下記の記事が参考になります。

杭の種類はどのくらい?設計者が教える杭の種類と各杭の特徴、施工方法

鋼杭の特徴

鋼杭の特徴は下記です。


・耐力が高い

・色々な形状に成形できる。例えば、回転圧入工法で用いる鋼管杭は、先端に特殊な羽根をつける

・軽量のため、運搬、施工が比較的簡単

・腐食しやすい


鋼は軽量で耐力の大きな材料です。よって、運搬・施工が比較的簡単です。また、鋼材なので、色々な形状に成形できます。鋼管杭は、各メーカーで先端羽根形状を変え、特徴をだしています。なお、メーカーごとに支持力の大きさも違います。

鋼杭と腐食代の関係

鋼は腐食しやすい材料です。特に地中は、水分が多いので、鋼はすぐに劣化します。そこで、鋼杭は「腐食代」を1mm(または2mm)見込みます。鋼管杭の径が9mmの場合、計算上は8mmで検討するなど対応が必要です(または板厚を厚くする)。

鋼杭と鋼管杭の違い

鋼杭と鋼管杭の違いを下記に整理しました。


鋼杭  ⇒ 鋼材でつくった杭

鋼管杭 ⇒ 鋼管でつくった杭(広義では、鋼杭と同じ意味)


鋼管杭は、鋼杭の1つです。鋼管でつくった杭を鋼管杭といいます。なお、鋼管杭は先端に羽根付きのものが多いです。例えば、杭径が300でも、羽根径を1200mmにすれば、支持力を大きくとれます。

まとめ

今回は鋼杭について説明しました。意味が理解頂けたと思います。鋼杭は、鋼材でつくった杭です。建物を支える杭としては、鋼管杭を使うことが多いです。また、鋼管杭は回転圧入工法が一般的です。鋼杭とあわせて覚えてくださいね。下記の記事も参考になりますよ。

杭の種類はどのくらい?設計者が教える杭の種類と各杭の特徴、施工方法

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 鋼杭とは?1分でわかる意味、読み方、種類、特徴、鋼管杭との違い