1. HOME > 基礎構造を学ぶ > オープンカットとは?1分でわかる意味、規準と角度、メリット

オープンカットとは?1分でわかる意味、規準と角度、メリット

オープンカット工法は、山留め工法の1つです。山留とは、根切りで土が崩れないよう防ぐ仮設物のことです。オープンカットは、法面になるよう根切を行うので、土自身の粘着力や内部摩擦により崩れを抑えています。今回は、そんなオープンカット工法の意味、基準、角度やメリットについて説明します。

オープンカットとは?

オープンカットとは、地盤を法面(斜めの面)に根切りして、地盤が崩れないようにする工法です。下図をみてください。

オープンカット

地盤は、粘着力や内部摩擦があるため、法面になるよう掘削すれば崩れません。※根切については下記の記事が参考になります(埋め戻しのタイトルですが、冒頭で根切を説明しています)。

埋戻しとは?1分で分かる埋戻し土の種別とA種の特徴


子供の頃、砂場遊びを経験した方なら覚えがあると思います。

オープンカット工法のメリット、デメリット

オープンカット工法は、他の山留工法に比べて多くのメリットがあります。

メリット

下記がオープンカット工法のメリットです。

・山留費用が最小限に抑えられる

・施工が簡単


所定の法面をつくればよいので、山留費用がかかりません。また、根切をするだけなので施工も簡単です。

デメリット

一方でデメリットも挙げられます。

・法面角度が45度程度のため、根切深さが大きいほど根切範囲が広がる

・敷地が狭い場合は、オープンカットが採用できない


オープンカットによる法面は、概ね45度の角度です(詳細な規定は後述しました)。つまり、根切深さが大きいほど根切範囲も広がります。よって、敷地が広い場合はオープンカットが最良です。


一方で、敷地が狭く根切深さが大きい場合、オープンカット工法は採用できません。

オープンカット工法の角度と勾配

では、オープンカット工法は、どの程度の角度を設ければよいのでしょうか。下記は山留設計施工指針による規準です。公共工事標準仕様書でも、同様の規準があります。詳しい値は、下表によりますが概ね45度の勾配と考えてください。

オープンカット

地山の土質 切土高 勾配
硬岩 1:0.3〜1:0.8
軟岩 1:0.5〜1:1.2
密実でない粒度分布の悪いもの 1:1.5〜
砂質土 密実なもの 5m以下 1:0.8〜1:1.0
5〜10m 1:1.0〜1:1.2
密実でないもの 5m以下 1:1.0〜1:1.2
5〜10m 1:1.2〜1:1.5
砂利または岩塊まじりの砂質土 密実なもの、または粒度分布のよいもの 10m以下 1:0.8〜1:1.0
10〜15m 1:1.0〜1:1.2
密実でないもの、または粒度分布の悪いもの 10m以下 1:1.0〜1:1.2
10〜15m 1:1.2〜1:1.5
粘性土 10m以下 1:0.8〜1:1.0
岩塊または玉石まじりの粘性土 5m以下 1:1.0〜1:1.2
5〜10m 1:1.2〜1:1.5

地盤の粘着力、内部摩擦力はN値により変わります。上表でも、地山の性質により勾配が変わると覚えておきましょう。


緩い土は、粘着力や内部摩擦力が弱いです。法面の勾配がきつくなると崩れます。逆の場合、急こう配にしても地盤は崩れません。地盤の特性により、根切範囲が大きく変わります。

まとめ

今回はオープンカットについて説明しました。オープンカットのメリット、デメリットが理解頂けたと思います。敷地が広い場合は、何も考えずともオープンカットが採用されます。敷地が狭く、根切深さが大きい場合は山留が必要となるので注意しましょう。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > オープンカットとは?1分でわかる意味、規準と角度、メリット