1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 土留めとは?1分でわかる意味、山留めとの違い、種類、矢板

土留めとは?1分でわかる意味、山留めとの違い、種類、矢板

土留めとは、土が崩れるのを防ぐ仮設構造物のことです。山留めともいいます。土留めと山留めは同じ意味です。建築の実務では、両方の用語を使います。今回は土留めの意味、山留めとの違い、土留めの種類、土留めに使う矢板について説明します。※なお、今回の記事は「山留め」の記事を読むとスムーズに理解できます。

山留めとは?1分でわかる意味、種類、土留めとの違い、根切りとの関係

土留めとは?

土留めとは、土が崩れるのを防ぐ仮設構造物のことです。下図をみてください。根切りが深いと、土が崩れることはイメージできると思います。

土留め

※根切りについては下記の記事が参考になります。

根切りとは?1分でわかる意味、山留、埋戻し、根切り深さとの関係


この土の崩れを防ぐのが、土留めです。似た用語で山留めがあります。土留めと山留めの違いは後述しました。※山留めについては下記の記事が参考になります。

山留めとは?1分でわかる意味、種類、土留めとの違い、根切りとの関係


土留めの構造物として壁をつくりますが、オープンカットという方法もあります。オープンカット工法とは、土が崩れないよう勾配をつけて根切りを行うことです。オープンカットは下記の記事が参考になります。

オープンカットとは?1分でわかる意味、規準と角度、メリット

土留めと山留めの違い

土留めと山留めは全く同じ意味です。建築の実務では、両方の用語とも使います。ただし、建築学会の規準書では「山留め」という用語が使われています。※下記の書籍です。

山留め設計指針


なお、山留めの「山」とは、土または土砂のことです。


建築業界では、前述した山留めの指針が出版されており、「山留め」のほうが一般的な用語かと思います。ただ土留めでも間違いではないです。


土留めの方が、意味が理解しやすいですね。

土留めに使う矢板の種類

土留めに使う矢板には下記の種類があります。


親杭横矢板とは、H形鋼の親杭の間に差し込む板です。板の材質は、木を使うことが多いです。鋼矢板とは、土留め壁の1つです。1枚当たり400〜600mm程度の幅で、これを繋ぎあわせて使います。ソイルセメント柱列壁とは、地盤にセメント系固化材を混和してつくる壁です。


詳細は下記の記事が参考になります。

山留めとは?1分でわかる意味、種類、土留めとの違い、根切りとの関係

土留め壁の種類

土留め壁の種類は、下記があります。


詳細は下記の記事が参考になります。

山留めとは?1分でわかる意味、種類、土留めとの違い、根切りとの関係

まとめ

今回は土留めについて説明しました。意味が理解頂けたと思います。土留めと山留めは同じ意味です。建築の実務でも、全く同じ意味として使います。土留めの工法、矢板の種類を覚えましょう。また、仮設構造物を設けずに根切りを行う「オープンカット工法」を理解してくださいね。敷地が広く、根切りが浅い場合、主にオープンカットを行います。下記の記事を合わせて参考にしてくださいね。

オープンカットとは?1分でわかる意味、規準と角度、メリット

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 土留めとは?1分でわかる意味、山留めとの違い、種類、矢板