1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 法面とは?1分でわかる意味、読み方、勾配、計算方法、建築物との関係
スポンサーリンク

法面とは?1分でわかる意味、読み方、勾配、計算方法、建築物との関係

法面(のりめん)とは、傾斜面のことです。建築の実務では、「法(のり)をつける」という使い方もします。建築業界では、主に地盤の傾斜面などを、法面といいます。今回は法面の意味、読み方、勾配の計算方法、建築物との関係について説明します。傾斜の計算方法は、下記が参考になります。

傾斜の計算とは?1分でわかる意味、勾配の高さ、長さ、角度の計算

法面とは?

法面(のりめん)とは、傾斜面のことです。下図をみてください。これが法面です。


法面


建築の実務では、単に「法(のり)」ともいいます。また、地盤に傾斜をつけるとき「法を付ける」という言い方をします。


建築業界では、地盤の傾斜面のことを「法面」といいます。実際に法面が必要になる場面が、山留工法の1つであるオープンカット工法です。下図をみてください。山留壁を設けずに、地盤に法面を設けて根切りする方法です。


法面とオープンカット工法


これを、法付けオープンカット工法(のりづけおーぷんかっとこうほう)ともいいます。詳細は、下記が参考になります。

山留めとは?1分でわかる意味、種類、土留めとの違い、根切りとの関係

オープンカットとは?1分でわかる意味、規準と角度、メリット

スポンサーリンク

法面の読み方

法面は「のりめん」と読みます。関係用語の読み方は下記です。


法面勾配 ⇒ のりめんこうばい

傾斜 ⇒ けいしゃ

法面と勾配、計算方法

下図をみてください。法面の勾配は、角度で示すよりも底辺と高さの比率で表すことが多いです。


法面と勾配


例えば上記は、「10:1の勾配」や「1寸勾配」ともいいます。底辺が10のときの高さAを用いて、A寸勾配といいます。「〇寸勾配」という言い方は、現在でもよく使うので覚えると良いですね。


では、下図の法面勾配は、何寸勾配でしょうか。


法面勾配と寸


底辺を10にするために、底辺と高さを1.5で割ります。よって


底辺=10

高さ=2


なので、答えは2寸勾配です。なお、法面勾配の計算方法、角度の計算は下記が参考になります。

傾斜の計算とは?1分でわかる意味、勾配の高さ、長さ、角度の計算

法面と建築物の関係

建築物には色々なカ所に傾斜面を設けます(例えば、屋根や1階の床など)。ただし、これを「法面」ということは少ないです。土工事や地盤の傾斜面を、法面といいます。

まとめ

今回は法面について説明しました。意味が理解頂けたと思います。法面は、傾斜面のことです。建築業界では、地盤の傾斜面を法面といいます。法面の意味、使い方を覚えてください。また、法面の勾配の計算、表し方も理解すると良いですね。下記も参考にしてください。

傾斜の計算とは?1分でわかる意味、勾配の高さ、長さ、角度の計算

【無料メルマガ】あなたは1級建築士の構造が苦手ですか?⇒ 建築学生が学ぶ構造力学の限定メールマガジン


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

ss7_ユニオンシステム
建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで構造の悩み解説しませんか?

1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。構造に関する質問回答もしています。

QRコードでLINEの友だちを追加↓↓

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

あなたがなぜ、1級建築士【構造】の計算問題が苦手か知っていますか?

1級建築士の構造
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ >法面とは?1分でわかる意味、読み方、勾配、計算方法、建築物との関係
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事