1. HOME > 基礎構造を学ぶ > ウェルポイント工法とは?1分でわかる意味、深さ、ディープウェル工法

ウェルポイント工法とは?1分でわかる意味、深さ、ディープウェル工法

ウェルポイント工法は、地下水を排水する方法の1つです。にウェルポイント(吸水菅)を取り付けたパイプを地盤中に打ち込み、真空ポンプで地下水を排水します。似た用語でディープウェル工法があります。今回は、ウェルポイント工法の意味、深さ、ディープウェル工法との違いについて説明します。※なお、地盤の地下水位置を正確に調べるためには、無水掘りが必要です。無水掘りの意味は、下記の記事が参考になります。

無水掘りとは?1分でわかる意味、ボーリング調査との関係、清水掘り

ウェルポイント工法とは?

ウェルポイント工法とは、地下水を排水する方法の1つです。ウェルポイント工法は、ウェルポイントという吸水管を取り付けたパイプを地盤中に打ち込み、真空ポンプを用いて強制的に排水します。下図を見てください。吸水するパイプの径は、比較的細いです。このウェルポイントを多数地盤へ打ち込みます。

ウェルポイント工法

各ウェルポイントから吸水された水は、集水管を通って排水されます。


地下水位が浅い地盤は、地盤の耐力が低いこと、地下工事が難しいなどのデメリットがあります。基礎をつくるため、地盤は必ず掘削します。地下工事をスムーズに進めるために、ウェルポイント工法など、地下水の排水が行われます。


なお、ウェルポイント工法は透水性の悪い粘土質地盤では行いません。※粘土質地盤の意味は、下記の記事が参考になります。

砂質地盤とは?1分でわかる意味、読み方、粘土地盤との違い、液状化

ウェルポイント工法の深さ

ウェルポイント工法で可能な地下水位の深さは、最大で10m程度です。但し、実務上は5〜6m程度が限界です。

ウェルポイント工法とディープウェル工法の違い

ウェルポイント工法とディープウェル工法の違いを、下記に整理しました。


ウェルポイント工法 ⇒ ウェルポイント(吸水管)を先端に取り付けたパイプを多数、地盤に打ち込み、地下水を強制排水する方法。パイプの径は100mm程度。


ディープウェル工法 ⇒ 200〜600mm程度の井戸を地盤深くに掘る(深井戸)。この深井戸内に流入する地下水を、ポンプで強制排水する方法。重力で地下水を深井戸に集めるため、重力排水工法ともいう。

まとめ

今回はウェルポイント工法について説明しました。意味が理解頂けたと思います。ウェルポイント工法は、地下水の排水工法の1つです。地下水は、地盤の耐力を低下させ、地下工事を難しくします。地下工事をスムーズに行うために、ウェルポイント工法などが必要です。※地下水位の正確な位置は、無水掘りで確認します。無水掘りの意味は、下記の記事が参考になります。

無水掘りとは?1分でわかる意味、ボーリング調査との関係、清水掘り


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > ウェルポイント工法とは?1分でわかる意味、深さ、ディープウェル工法