建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 鉄筋かごとは?1分でわかる意味、補強リング、スペーサー、結束と溶接の関係

鉄筋かごとは?1分でわかる意味、補強リング、スペーサー、結束と溶接の関係

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


鉄筋かごとは、場所打ちコンクリート杭に配筋する鉄筋をあらかじめ組み立てたものです。鉄筋かごは主筋、帯筋、補強リング、スペーサーなどで構成されます。杭断面は円形なので、鉄筋かごも円形に組み立てます。また鉄筋かごは鉄線で結束して組み立てます。今回は鉄筋かごの意味、補強リング、スペーサー、結束と溶接との関係について説明します。場所打ちコンクリート杭、杭の鉄筋の詳細など下記も参考になります。

場所打ち杭とは?1分でわかる意味、コンクリート強度、鉄筋かご、杭径

杭の鉄筋は?1分でわかる杭の鉄筋、帯筋、主筋、溶接、スペーサーとの関係

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

鉄筋かごとは?補強リング、スペーサーとの関係

鉄筋かごとは、場所打ちコンクリート杭に配筋する鉄筋をあらかじめ組み立てたものです。下図をみてください。これが鉄筋かごです。


鉄筋カゴ


場所打ちコンクリート杭は、施工現場で鉄筋コンクリート杭の築造を行います(工場製作では無い)。よって、上部構造の鉄筋コンクリート造と同じように、鉄筋を配置した後にコンクリートを打ちます。


とはいえ、職人さんが地中に潜って配筋することはできません。そこで、地上で場所打ち杭に必要な鉄筋を組み立てます。


鉄筋かごは、主筋、帯筋、補強リング、スペーサーなどで構成されます。主筋と帯筋は、杭の構造耐力上、必要な鉄筋です。また杭断面は円形なので、鉄筋かご断面も円形に組みます。


補強リングは、組み立てた鉄筋かごがバラバラにならないために必要なリングです。スペーサーは孔壁と帯筋とのかぶり厚を確保するために、鉄筋かごに設置します。


場所打ちコンクリート杭、スペーサーの詳細は下記が参考になります。

場所打ち杭とは?1分でわかる意味、コンクリート強度、鉄筋かご、杭径

鉄筋のスペーサーとは?1分でわかる意味、ドーナツ、ピッチ、ブロック

鉄筋かごの組み立てと結束、溶接の関係

鉄筋かごの組み立ては、原則、鉄線で結束します。ただし帯筋の継手はフレア溶接(片面10d)を行います。また補強リングは主筋に溶接して留めます。

まとめ

今回は鉄筋かごについて説明しました。鉄筋かごとは、場所打ちコンクリート杭に配筋する鉄筋をあらかじめ組み立てたものです。場所打ち杭の特徴と併せて勉強しましょう。下記が参考になります。

場所打ち杭とは?1分でわかる意味、コンクリート強度、鉄筋かご、杭径

杭の鉄筋は?1分でわかる杭の鉄筋、帯筋、主筋、溶接、スペーサーとの関係

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築構造がわかる基礎図解集

わかる1級建築士の計算問題解説書

計算の流れ、解き方がわかる!1級建築士【構造】計算問題解説集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで構造の悩み解説しませんか?

1級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。構造に関する質問回答もしています。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】一級建築士対策も◎!構造がわかるお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 鉄筋かごとは?1分でわかる意味、補強リング、スペーサー、結束と溶接の関係
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事