1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 割栗石とは?1分でわかる意味、定義、比重、砕石との違い、基礎との関係

割栗石とは?1分でわかる意味、定義、比重、砕石との違い、基礎との関係

割栗石とは、岩石を砕いた100〜200mm程度の大径のものです。似た用語で、砕石があります。砕石は、岩石を砕いたもので、割栗石より径は小さいです。今回は割栗石の意味、定義、比重、砕石との違い、基礎との関係について説明します。


※砕石の意味は、下記の記事が参考になります。

基礎の砕石とは?1分でわかる意味、割栗石との違い、目的、種類、価格

割栗石とは?

割栗石とは、岩石を砕いた100〜200mm程度の大径のものです。JISA5006に規定される材料です。JISでは割栗石の原石は、花崗岩、安山岩、砂岩、凝灰岩、石灰岩、けい岩に準じる岩石としています。また、薄っぺらいもの、細長いものは、割栗石とみなせません。


※薄っぺらいとは、厚さが幅の1/2以下、細長いとは、長さが幅の3倍以上のものをいう。


割栗石は、基礎下に敷いて地盤を安定する目的があります。※下記の記事も参考になります。

基礎の砕石とは?1分でわかる意味、割栗石との違い、目的、種類、価格


JISでは、割栗石の種類、1個当たりの重量が下記の通り規定されます。


割栗石 1号 ⇒ 10kg

割栗石 2号 ⇒ 20kg

割栗石 3号 ⇒ 30kg

割栗石 5号 ⇒ 50kg

割栗石 10号 ⇒ 100kg

割栗石 20号 ⇒ 200kg

割栗石 30号 ⇒ 300kg

割栗石 50号 ⇒ 500kg

割栗石 70号 ⇒ 700kg

割栗石 100号 ⇒ 1000kg

割栗石の読み方

割栗石は、「わりぐりいし」と読みます。その他、関係する用語の読み方を下記に示します。


砕石 さいせき

基礎砕石 きそさいせき

地業 じぎょう(ちぎょう)

割栗地業 わりぐりじぎょう(わりぐりちぎょう)

割栗石の比重

割栗石の比重は下記です。※原石の圧縮強さにより変わります。


硬石 2.7〜2.5

準石 2.5〜2.0

軟石 2.0未満

割栗石と砕石の違い

割栗石と砕石の違いを下記に整理しました。


割栗石 ⇒ 岩石を砕いたもので、100〜200mmと径の大きなもの

砕石 ⇒ 岩石を砕いたもの。割栗石より径は小さい


なお、割栗石と砕石のコスト(単価)を比較すると、割栗石の方が高いです。※下記の記事が参考になります。

基礎の砕石とは?1分でわかる意味、割栗石との違い、目的、種類、価格

割栗石と基礎の関係

基礎をつくるには、まず地盤を掘削します。これを根切り工事といいます。根切りした面は、乱されているので(荒れている)、安定させます(固める)。この目的で、割栗石または砕石を基礎下に敷きます。

まとめ

今回は割栗石について説明しました。意味が理解頂けたと思います。割栗石は、岩石を砕いた100〜200o程度の大径のものです。単に岩石を砕いたものを、砕石といいます。割栗石と砕石の違いを覚えてくださいね。また、割栗石の種類、比重なども覚えましょう。JIS規格なども参考にしてください。下記の記事も合わせて勉強しましょう。

基礎の砕石とは?1分でわかる意味、割栗石との違い、目的、種類、価格


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 割栗石とは?1分でわかる意味、定義、比重、砕石との違い、基礎との関係