1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 基礎伏図とは?1分でわかる意味、読み方、見方、凡例、人通口との関係

基礎伏図とは?1分でわかる意味、読み方、見方、凡例、人通口との関係

基礎伏図とは、基礎の位置(平面、高さ方向の位置)、大きさなどを示した図面です。基礎伏図は、構造図の1つです。構造図は見方が分かりづらい図面の1つです。ただ、一度見方を覚えると、簡単に理解できます。今回は、基礎伏図の意味、読み方、見方、よく使う凡例、人通口との関係について説明します。


※構造図の種類、伏図は下記の記事が参考になります。

構造図とは?1分でわかる意味、種類、見方、符号

伏図ってなに?1分で分かる伏図の種類と見かた

基礎伏図とは?

基礎伏図とは、基礎の配置やレベル(高さ方向の位置)、基礎断面の大きさなど、基礎に関する仕様を示した図面です。構造図の1つです。全ての建築物には、「基礎」があります。基礎は、建物が沈下・傾きを起こさないよう、支持する目的があります。とても重要な図面です。


基礎の種類は、直接基礎と杭基礎があります。基礎の種類により、基礎伏図の書き方も変わります。

基礎伏図の読み方

基礎伏図は、「きそふせず」と読みます。

基礎伏図の見方

基礎伏図の見方を簡単に説明します。下図をみてください。構造図には、必ず通り芯と通り符号が書いてあります。通り符号は、「X1〜」「A〜」など、分かりやすい記号を使います。

基礎伏図

基礎伏図には、一般的に3つの部材を描きます。


・基礎

・基礎柱

・基礎梁


木造建築物になると、もう少し複雑になり、上記だけでなく


・土台

・アンカーボルトの位置


を描くことも多いです。


基礎伏図には、基礎や基礎柱、基礎梁のレベルを書きます。※基礎梁に関しては、1階の梁伏図に書いて、基礎伏図は省略することも多いです。基礎梁の底と基礎底が同程度の場合(ピットがある場合など)、基礎伏図に基礎梁を描きます。


基礎をつくるにあたって、まず地盤を掘ります。地盤を「どこまで掘れば良いのか」「平面的な範囲、深さ」がわかるよう、基礎底を明記します。※基礎底は、下記の記事が参考になります。

基礎底とは?1分でわかる意味、基礎底面との違い、根切り、直接基礎の支持力


基礎をつくるため、基礎の平面的な大きさも知りたいです。よって基礎の寸法を明記します。基礎の平面的な位置がわかる寸法も描きましょう。例えば、偏心基礎になる場合、通り芯から基礎芯までの距離をかきます。※偏心基礎の意味は、下記の記事が参考になります。

偏心基礎とは?1分でわかる意味、設計法、接地圧、配筋


1階床下にピットをつくる場合、ピット範囲も明記します。ピット床は、土間コンクリート又はスラブになるのか、ハッチングや符号で示します。杭基礎では、杭の図も書きましょう。また杭の仕様(鋼管杭、コンクリート杭、杭長など)を表します。※杭の意味は、下記の記事が参考になります。

杭の読み方は?1分でわかる意味、建築業界での使い方

基礎伏図の凡例

下図をみてください。基礎伏図で良く使う凡例を示しました。

基礎伏図で使う凡例

鉄筋コンクリートの構造部材を示す凡例は、斜め線を3本引きます。土間コンクリートは斜め線を2本とします。

基礎伏図と人通口の関係

1階床下にピットがある場合、人通口が必要なケースもあります。人通口とは、文字通り「人が通るための孔」です。ピット空間を人間が行き来するため、基礎梁に空ける孔のことです。一般的に、直径600mmの孔とします。


基礎梁の貫通孔は、基礎梁せいの1/3とします。よって、人通口を設ける場合、基礎梁せいは「600x3=1800」以上の梁せいとします。


基礎伏図にピットを描く場合、人通口が無いか確認しましょう。人通口があれば、これも基礎伏図に表記します。

まとめ

今回は、基礎伏図について説明しました。意味が理解頂けたと思います。基礎伏図は、基礎の大きさ、配置、レベルなどを示した図面です。全ての建築物には、必ず基礎があります。つまり、建築物を建てるためには基礎伏図が必要です。まずは基礎伏図の意味を理解しましょう。その他、基礎の種類など併せて参考にしてくださいね。

布基礎と独立基礎、ベタ基礎の違いと、本当に伝えたい各基礎の特徴


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 基礎伏図とは?1分でわかる意味、読み方、見方、凡例、人通口との関係