1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 根入れとは?1分でわかる意味、基礎との関係、根入れ深さ、根入れ効果

根入れとは?1分でわかる意味、基礎との関係、根入れ深さ、根入れ効果

根入れとは、基礎を地中に埋めることです。基礎を「根入れする」という言い方をします。根入れは、基礎の地耐力(地盤の抵抗力)に大きく関係します。今回は、根入れの意味、基礎との関係、根入れ深さ、根入れ効果について説明します。また、直接基礎の地耐力については下記の記事が参考になります。

地耐力とは?1分でわかる意味、単位、計算法、n値との関係

極限支持力度とは?1分でわかる意味、計算、n値との関係、許容支持力度

根入れとは?

根入れとは、基礎を地中に埋めることです。下図を見てください。左側の図は、基礎が地盤の中に埋まっていますね。この状態を、「基礎を根入れする」といいます。


一方、右図は基礎が地盤の上に置かれています。これは基礎が根入れされていない状態です。基礎は、根入れが深いほど、「地耐力(地盤が支えることができる重さ)」の限界値が大きくなります。


つまり、左図のほうが右図に比べて沢山の重量を負担できる基礎です。

根入れと地耐力

地耐力は、直接基礎における地盤の耐力です。直接基礎を採用するときは、必要な地耐力がとれるよう根入れ深さを調整します(※根入れ深さについて後述しました)。

スポンサーリンク
 

根入れ深さと、布基礎とべた基礎の関係

根入れ深さとは、基礎の根入れの深さを意味します。根入れ深さは基礎の地耐力に大きく関係し、「Df(でぃーえふ)」の記号で表します。下図をみてください。Df部分の寸法が、基礎の根入れ深さです。

根入れ深さ

基礎は地中に根入れすることが原則です。また、根入れ深さは建築基準法により下記の規定があります。


基礎の根入れ深さは、必ず上記以上の値とします。凍結深度が設定されている地域では、凍結深度よりも深い位置まで根入れします。※凍結深度については下記の記事が参考になります。

凍結深度ってなに?凍結深度と基礎の関係

根入れ深さってなに?1分でわかる意味と直接基礎との関係


また、基礎の根入れ深さは特別な理由(部分ピットがある、支持層に勾配があるなど)を除いては、一定の根入れ深さとするべきです。


基礎ごとに根入れ深さを変えると計算が大変ですし、根切りも難しくなります。※根切については下記の記事が参考になります。

オープンカットとは?1分でわかる意味、規準と角度、メリット

基礎の地耐力と根入れ効果

基礎を根入れすることで、地盤の地耐力は大きくなります。根入れ効果は、地盤の滑りを基礎上の土の押さえによって抑制する効果です。


これを「根入れ効果」といいます。地盤の地耐力は下式で計算できます。


上式の3項に注目してください。根入れ深さ「Df」が関係します。よって、地耐力は、根入れ深さDfが大きいほど大きくなるのです。

まとめ

今回は根入れについて説明しました。根入れの意味が理解頂けたと思います。根入れを深くするほど、基礎の地耐力は大きくなります。ただし、あまり深くしすぎると施工が大変なので注意したいですね。今回の記事は、直接基礎や地耐力も併せて読むと理解が深まりますよ。

直接基礎の支持力係数と、内部摩擦角の関係

地耐力とは?1分でわかる意味、単位、計算法、n値との関係

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 基礎構造を学ぶ > 根入れとは?1分でわかる意味、基礎との関係、根入れ深さ、根入れ効果