1. HOME > 鋼構造の基礎 > 下地材とは?1分でわかる意味、種類、寸法、間隔

下地材とは?1分でわかる意味、種類、寸法、間隔

下地材とは、壁や天井、屋根材、床材を支える(取り付けるための)構造部材です。天井材は強度が小さいですが、下地材を設けることで広い範囲に天井材を取り付けることが可能です。今回は下地材の意味、種類、寸法、間隔について説明します。


下地材の例として、胴縁や母屋があります。下記の記事が参考になります。

胴縁とは?1分でわかる胴縁の役割、寸法、cチャン、縦胴縁

母屋とは何か?役割と意味について

下地材とは?

下地材とは、壁や天井、屋根材、床材を取り付けるための構造部材です。下図をみてください。壁としてサイディングを張り付けるとき、下地材が必要です。サイディングだけでは強度が低いからです。下地材(胴縁)を所定の間隔に設け、下地材にサイディングを留め、壁の変形やひび割れなどを抑えます。

下地材の種類

下地材の種類として下記があります。


木下地

軽量鉄骨下地

lgs


木造建築では、下地材として木部材を使います。柱や梁に比べて小さいです。鉄骨造では、壁の下地材として軽量鉄骨下地を用います。主に、リップ溝形鋼という種類です。リップ溝形鋼の意味は、下記が参考になります。

リップ溝形鋼とは?1分でわかる意味、規格、寸法、強度、材質


間仕切り壁(内壁)の下地材は、LGSを用います。前述した軽量鉄骨下地に比べ、さらに小さく耐力も低いです。間仕切り壁の詳細は、下記が参考になります。

間仕切りとは?1分でわかる意味、読み方、建築物、lgsとの関係


また、壁の下地材を胴縁、屋根の下地材を母屋といいます。胴縁、母屋の意味は下記が参考になります。

胴縁とは?1分でわかる胴縁の役割、寸法、cチャン、縦胴縁

母屋とは何か?役割と意味について


なお、鉄筋コンクリート造の壁(RC壁)は、それ自体の耐力が大きいので、下地材は不要です。

下地材の間隔

下地材の間隔は、300mm、450mm、600 mm、900mmが一般的です。壁や天井材の耐力が高ければ、下地材の間隔は大きくても良いです。壁の耐力や構造性能が低ければ、細かく下地材を入れます。


下地材の間隔は、下記の記事も参考になります。

胴縁とは?1分でわかる胴縁の役割、寸法、cチャン、縦胴縁

下地材の寸法

下地材の寸法は、使用箇所(壁、屋根、天井、床)に応じて異なります。作用する荷重の大きさが違うからです。例えば胴縁の寸法は、

木造 30〜60mm

鉄骨造 C-100x50x20x2.3


などです。

まとめ

今回は下地材について説明しました。意味が理解頂けたと思います。下地材は、壁や屋根材、天井材、床材を支える構造部材です。下地材の種類を理解しましょう。代表的な下地材として、胴縁、母屋の意味も覚えましょうね。下記が参考になります。

胴縁とは?1分でわかる胴縁の役割、寸法、cチャン、縦胴縁

母屋とは何か?役割と意味について


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 下地材とは?1分でわかる意味、種類、寸法、間隔