建築学生が学ぶ構造力学

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > リップ溝形鋼とは?1分でわかる意味、規格、寸法、強度、材質

リップ溝形鋼とは?1分でわかる意味、規格、寸法、強度、材質

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)


リップ溝形鋼は、軽量溝形鋼の1つです。リップとは「唇」のことで、リップ溝形鋼の形状をよく表しています。今回は、リップ溝形鋼の意味、規格や寸法、強度と材質について説明します。


※重量溝形鋼(溝形鋼)は下記が参考になります。軽量溝形鋼と重量溝形鋼では材質や重量が全く違うので注意してください。

溝形鋼の規格が丸わかり!溝形鋼のサイズと断面性能

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

リップ溝形鋼とは?

リップ溝形鋼とは、「リップが付いた」溝形鋼です。下図をみてください。左側がリップ溝形鋼で、右側が溝形鋼です。

リップ溝形鋼

溝形鋼と見比べると、「リップ」の部分がよく分かります。※リップの意味は下記が参考になります。

建築のリップとは?1分でわかる意味、リップ溝形鋼、有効幅厚比、溝形鋼との関係


リップ溝形鋼は軽量溝形鋼の1つです。よって厚みは4.5mmまでしかありません。板厚が薄いと溶接が難しいので、リップ溝形鋼はほとんど中ボルト接合です。※溝形鋼については下記が参考になります。

溝形鋼の規格が丸わかり!溝形鋼のサイズと断面性能

リップ溝形鋼の規格と寸法

リップ溝形鋼の規格と寸法を下図に示します。

リップ溝形鋼の規格と寸法

リップ溝形鋼のHは梁せい、Aは梁幅、Cはリップの高さです。


リップ溝形鋼は、板厚が薄いことが特徴です。メーカーの規格では、4.5mmが最大です。よって、リップ溝形鋼を溶接で留めることは無いです(溶接すると板が溶けるため)。

断面係数と断面二次モーメント

リップ溝形鋼の断面性能(断面係数、断面二次モーメント)を下図に示します。

断面係数と断面二次モーメント

重量溝形鋼やH形鋼と比べても、断面性能が小さいですね。よって、リップ溝形鋼は外壁の下地などに使い、柱や大梁など主要な部材には用いません。


また非対称断面であること、弱軸回りの断面性能が極端に小さいことに注意してください。


※弱軸の意味は下記が参考になります。

強軸ってなに?1分でわかる強軸と弱軸の違い、それぞれの特徴

100円から読める!ネット不要!印刷しても読みやすいPDF記事はこちら⇒ いつでもどこでも読める!広告無し!建築学生が学ぶ構造力学のPDF版の学習記事

リップ溝形鋼の強度、材質、化学成分

リップ溝形鋼の材質はSSC400です。SSC400はjisG3350に規定されます。強度自体はSS400と同じです。それぞれ説明します。

強度と材質

SSC400(リップ溝形鋼の材質)はJISG3350に規定されています。機械的性質は下図表の通りです。

強度と材質

JISでは降伏強度が245N/m㎡ですが、実務では235N/m㎡を使うのが普通です。また、降伏強度は板厚が5mm超、5mm以下に関わらず一定です。SSC400の許容応力度を下記に示します。

※許容応力度の意味は下記が参考になります。

許容応力度計算が簡単にわかる、たった3つのポイント

化学成分

リップ溝形鋼の化学成分は下表の通りです。

化学成分

SSC400の化学成分は、C,P,Sの規定があります。SS400と比べ、Cの上限(0.25%以下)が設けられています。C(炭素)は、含有量を多くするほど引張強度が増えますが、伸び能力が落ちます。

スポンサーリンク
 

リップ溝形鋼の使用箇所

リップ溝形鋼は主に、下記の箇所に利用されます。


・母屋

・胴縁

・根太

その他、天井下地材や内壁を受けるなど、二次部材として使う鋼材です。


それぞれの用語の意味は、下記が参考になります。

母屋とは何か?役割と意味について

胴縁とは?1分でわかる胴縁の役割、寸法、cチャン、縦胴縁

根太とは?1分でわかる意味、寸法、間隔、材質、鉄骨と木材の根太

二次部材とは?1分でわかる意味、小梁の設計例、構造計算との関係

まとめ

今回は、リップ溝形鋼について説明しました。リップ溝形鋼の意味が理解頂けたと思います。リップ溝形鋼は、形状を覚えておけば、溝形鋼の違いがよくわかります。また材質がSSC400です。図面で描くとき、SS400と間違えないよう注意してください。下記も参考になります。

ss400とは?1分でわかる意味、規格、密度、成分、板厚、フラットバーの関係

一般構造用軽量形鋼とは?1分でわかる意味、規格、読み方、ssc400とss400の違い

【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました!)



▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

建築構造がわかる基礎図解集

わかる1級建築士の計算問題解説書

計算の流れ、解き方がわかる!1級建築士【構造】計算問題解説集

あなたは数学が苦手ですか?

わかる!実務で使う数学知識の基礎講座

公式LINEで気軽に学ぶ構造力学!

一級建築士の構造・構造力学の学習に役立つ情報を発信中。

友だち追加

【フォロー求む!】Pinterestで図解をまとめました

図解で構造を勉強しませんか?⇒ 当サイトのPinterestアカウントはこちら

限定メールマガジン

わかる2級建築士の計算問題解説書!

【30%OFF】一級建築士対策も◎!構造がわかるお得な用語集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集
pdf版の学習記事

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

Topへ >>

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > リップ溝形鋼とは?1分でわかる意味、規格、寸法、強度、材質
  2. 広告掲載
  3. 限定メルマガ
  4. わかる建築構造の用語集
  5. 1頁10円!PDF版の学習記事