1. HOME > 構造計算の基礎 > 母屋とは何か?役割と意味について

母屋とは何か?役割と意味について

母屋とは何でしょうか。答えを先に言います。母屋とは屋根材の下地になる部材のこと。つまり「屋根を直接張る部材」です。ただし鉄骨造と木造で母屋の使い方が若干違っていて、木造の場合は垂木が屋根材の下地で、垂木を受ける部材が母屋です。今回は、母屋の役割と意味、鉄骨造と木造で使われる母屋の違いについて説明します。


母屋は屋根荷重を支える部材のこと

母屋は屋根荷重を支える部材、と考えてください。屋根荷重とは、例えば屋根材や屋根を受ける梁そのもの、天井や照明などの雑荷重を含みます。場合によっては、積雪荷重や施工時荷重も屋根荷重として考慮します(短期)。


母屋の割り付け

母屋の割り付け(ピッチ)は、900や600毎に配置することが一般的です。なぜ、半端な寸法かというと、日本では尺貫法が一般的で現在のメートル法換算で606、910になるのです。これを丸めて、900や600としています。


鉄骨造の屋根は母屋で直接受ける。木造の場合、垂木を受ける部材が母屋

実は鉄骨造と木造では母屋の使い方がやや違います。鉄骨造の場合、屋根材の下地が母屋です。例えば鋼板屋根の場合、鋼板は板なのでそのままではペラペラなので、風で飛んでしまいます。


ですから鋼板を母屋に留めて固定するのです。母屋は屋根自重、積雪、施工時荷重、風荷重等に耐えるよう設計します。屋根材を母屋に留めて、母屋は小梁に固定します。

鉄骨母屋は主に「Cチャンネル(シーチャンネル)」とよばれる部材が使われます。略して「シーチャン」と言います。


一方、木造屋根は、屋根を垂木で受けます。その垂木を母屋で支えるのです。下図は、上記を断面図で表したもの。


まとめ

母屋は屋根を支える部材です。鉄骨造と木造では母屋の使い方が僅かに違うこと、割り付けが600や900と中途半端な寸法になることも知識として覚えてくださいね。


また、下記の記事も母屋と同様に、仕上げ材の外壁となる部材です。併せて参考にしてくださいね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 構造力学の基礎 > 母屋とは何か?役割と意味について