1. HOME > 鋼構造の基礎 > ダイアフラムに孔が空くときの検討方法とは?

ダイアフラムに孔が空くときの検討方法とは?

SRCやCFT構造の場合、注意する点の1つがダイアフラムに孔が空くことです。


こちらは僕も1冊持っている鋼構造の本です。内容が分かりやすく、学生と実務初心者にもおすすめです。わかりやすい鉄骨の構造設計

なぜか?


それは、ダイアフラムは、梁端部の負曲げを伝達する重要な部材だからです。ダイアフラムと角型鋼管でつくられた部分をパネルゾーンとか、仕口と言います。


さて、ダイアフラムに穴が開くケースはいくつかあります。その1つが溶融亜鉛メッキのガス抜き孔です。外部に露出する柱では、錆びないように溶融亜鉛メッキを施します。「どぶ浸け」と言うのですが、これは柱を亜鉛の中に浸けることから、そうよばれています。


亜鉛の比重と鉄の比重を比較すると、7.2;7.8のように亜鉛の方が軽いですが、角型鋼管をダイアフラムで塞いだ状態では、中空内の空気が浮力となって浸からないのです。


これを無理やり浸けようとすれば、中の空気破裂する恐れもあって危険です。


亜鉛メッキの孔以外にもダイアフラムに孔を空ける場合があります。それがSRCやCFT構造のように、鋼管内部にコンクリートを注入する場合です。例えば、1階〜2階にコンクリートを注入するなら、当然、2階梁端部のダイアフラムには孔が空きます。


それも亜鉛メッキ孔とは比較にならないほど大きく、200o程度となるでしょう(亜鉛メッキ孔は30mmくらい)

スポンサーリンク
 

孔が空いたダイアフラムの安全性の検証方法

ダイアフラムに穴が開いた場合の検討方法は簡単です。梁フランジの全強(強度×フランジ断面積)を、孔が空いたダイアフラムに伝達出来ればよいのですから。


孔が空いたダイアフラムの耐力=(B−200o)×t×fs


で算定されます。Bはダイアフラム幅、tは板厚、fsはせん断強度(490鋼の場合、325/1.73=188)。


ダイアフラムは梁フランジよりも2サイズは多きくしないと突合せ溶接が上手くいかないので、そもそも板厚は大きいです。が、さすがに200oも孔が空いていると、さらに大きくしないといけません。


適合性判定や確認申請でも指摘される項目ですから、注意したいですね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > ダイアフラムに孔が空くときの検討方法とは?