1. HOME > 鋼構造の基礎 > エンドタブってなに?1分でわかるエンドタブの意味と、目的

エンドタブってなに?1分でわかるエンドタブの意味と、目的

エンドタブをご存じでしょうか。構造設計に従事するかた、鉄骨メーカー、鉄工所で務める方は当たり前かもしれません。しかし初めのうちは、一体何のために必要か分かりませんよね。今回はそんなエンドタブについて説明します。

エンドタブってなに?

下図をみてください。2枚の板を突合せ溶接しています。※突合せ溶接については下記の記事が参考になります。

板の横にボコッとはみ出ている部分があります。これがエンドタブです。


溶接するとき始端と終端は溶接不良が起きやすい箇所です。そのため、始端と終端にエンドタブを設けて、溶接不良の起きやすい始端と終端を、母材に影響しないようする目的があります。


要は、溶接不良の起きやすい始端と終端をエンドタブにもってくる、というイメージです。

溶接後、エンドタブは取り外します。後述する鋼製タブであれば、エンドタブのみ切断した後グラインダー仕上げを行います。エンドタブは綺麗に取り除かないと、部材の結果に繋がります。


※エンドタブで注意すべき項目は、下記の記事が参考になります。

エンドタブとは何か?エンドタブに関する5つのTIPs

エンドタブの種類

エンドタブは大まかに2種類あります。

です。それぞれ説明しましょう。

鋼製タブ

元々エンドタブといえば、鋼製タブでした。後述する固形タブが開発されていますが、現在でも鋼製タブを使用する指導をする設計者も多いと聞きます。鋼製タブは、母材に溶接して取り付けます。取り付ける母材と同等の材質、厚み、開先とします。


鋼製タブは実績も多いので安定した品質が確保できますが、取り外しが面倒です。溶接しているので切断し、グラインダーで平滑にします。

固形タブ

固形タブは、鋼製タブの取り外しの面倒な作業を省略する目的で造られました。固形タブはセラミック系と、フラックス系の2種類があります。両方とも、母材に対して溶接不要で取り付け可能です。専用治具を用いて留め、取り外すときも専用治具を外すだけです。


但し固形タブは扱う場合は、専門技術者による施工が必要です。

まとめ

今回はエンドタブについて説明しました。エンドタブがなぜ必要か覚えておきましょう。また、鋼製タブ、固形タブの違いも理解しておきたいですね。以上、今回の記事が参考になれば幸いです。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > エンドタブってなに?1分でわかるエンドタブの意味と、目的