1. HOME > 鋼構造の基礎 > ガセットプレートってなに?1分でわかる目的とプレートの厚み

ガセットプレートってなに?1分でわかる目的とプレートの厚み

ガセットプレートをご存じでしょうか。鉄骨梁の接合部材としてよく耳にしますよね。図面上では省略して「GPL」という描き方をします。今回は、そんなガセットプレートの意味と、目的について説明します。

ガセットプレートってなに?

下図をみてください。これは、大梁に対して直交する小梁がピン接合されています。※ピン接合については下記の記事が参考になります。

剛接合とピン接合の意味と、納まりと構造性能の違い

ガセットプレートは、「GPL-6」と示している、小梁と大梁を接合するプレートのことです。


小梁のウェブに取り付け高力ボルトで留めます。さらに、大梁に対して隅肉溶接を行い接合します。ちなみにガセットプレートの反対側にあるプレートは「リブプレート」です。


ガセットプレートの形状は、様々ですが注意するのは下記の2点です。

ガセットプレートはせん断力を伝達するので、切り欠きや、小さいせいにはできません。また複雑な形状にならないよう施工性に配慮した形状とします。

ガセットプレートの目的

ガセットプレートは小梁と大梁を接合する目的で取り付けられます。但し、小梁はピン接合のため両端に曲げは発生しません。よって、ガセットプレートはせん断力のみ伝達します。ダイアフラムのように、曲げモーメントを伝達する必要もないので、プレート厚も必要最小限です。


※ダイアフラムに関しては下記の記事が参考になります。

ダイアフラムはなぜ必要か?覚えるべきたったの3つの種類と特徴

ガセットプレートの厚み

ガセットプレートの厚みは簡単に決めることができます。小梁のウェブ厚と同等以上にするのです。例えば小梁が下記の断面としましょう。

このとき、小梁と大梁に接合するガセットプレートは6.0mmとします。ガセットプレートはせん断力を伝達しますが、いちいち計算で厚みを決定することはありません。小梁のウェブ厚と同等以上にすれば、小梁断面がOKなら必然的にガセットプレートも問題ないからです。

まとめ

今回は、ガセットプレートについて説明しました。主にピン接合の部分に用いて、ガセットプレートは鉄骨造に必要不可欠な接合部材です。ガセットプレートの厚みや目的について覚えておきましょう。以上、今回の記事が参考になれば幸いです。

※併せて下記の記事も参考になります。

剛接合とピン接合の意味と、納まりと構造性能の違い

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > ガセットプレートってなに?1分でわかる目的とプレートの厚み