1. HOME > 鋼構造の基礎 > ビルドh鋼とは?1分でわかる意味、規格、重量、溶接
スポンサーリンク

ビルドh鋼とは?1分でわかる意味、規格、重量、溶接

ビルドh鋼とは、鋼板を溶接しH形とした鋼材です。普通、h鋼はロールh鋼を使いますが、応力が大きい場合など、必要に応じてビルドh鋼とします。ビルドh鋼は規格が無い、オーダーメイド品だと思ってください。今回はビルドh鋼の意味、規格、重量、溶接について説明します。


※ロール、h鋼の意味は、下記の記事が参考になります。

ロール発注とは?1分でわかる意味、納期、鉄骨、鉄筋との関係

H鋼とは何か?

ビルドh鋼とは?

ビルドh鋼とは、鋼板を溶接しH形につくった鋼材です。鋼板の厚みや幅を自由に決められます(平鋼の規定による)。例えば、ロールh鋼にH-200x100x5.5x8という鋼材があります。


この材料を、必要に応じて


BH-200x100x16x19


に変えても良いのです。上記のビルドh鋼では、フランジに19×100、ウェブに16×162という鋼板2枚を使っています。h形にするため、ウェブに開先をつけフランジとなる鋼板と溶接します。


※フランジ、ウェブの意味、溶接については、下記の記事が参考になります。

ウェブとフランジとは?1分でわかる役割、違い、覚え方

溶接の種類と、隅肉溶接、突き合わせ溶接の特徴


設計者が自由に断面を設定できるビルドh鋼ですが、コストが高いです。よって、基本的にはロールh鋼を使います。ただし、応力が大きい場合、納まり上、断面をつくりたい場合、ビルドh鋼とします。

ビルドh鋼の記号

ビルドh鋼の記号は、


BH


です。これはBH(びるどえいち)を意味します。ロールh鋼との違いがわかるよう、記号を忘れないよう注意しましょう。

ビルドh鋼の規格

前述したように、ビルドh鋼では、設計者が自由に、幅や板厚を設定できます。よって、規格はありません。ただし、鋼板の厚みは平板の規定に準拠します。例えば、PL-10やPL-11という厚みは無いです。


平鋼の意味は、下記の記事が参考になります。

平鋼とは?1分でわかる意味、規格、重量、読み方、フラットバーとの違い

ビルドh鋼の重量

ビルドh鋼の重量は、計算で算定できます。ウェブの厚み・幅、フランジの厚み・幅を下記のように規定します。


ウェブ厚み ⇒ tw

ウェブ長さ ⇒ bw

フランジ厚み ⇒ tf

フランジ幅 ⇒ bf


あとは、ウェブとフランジの断面積を求め、鋼の単位体積重量(7.85t/m3)を掛ければ、長さ当たりのビルドh鋼の重量が計算できます。鋼の単位体積重量は、下記の記事が参考になります。

単位体積重量とは?1分でわかる意味、一覧、土と水の値、記号、求め方

ビルドh鋼と溶接の関係

ビルドh鋼をつくるとき、まず、ウェブに開先をとります。あとは、フランジとウェブを溶接して一体化します。ビルドh鋼は、鋼板を溶接してつくるh形鋼です。ロールh鋼とは、製造方法が違います。


※ロールh鋼、開先の意味は、下記の記事が参考になります。

圧延とは?1分でわかる意味、ロールとの関係、読み方、圧延工程との関係

開先とは?1分でわかる意味、読み方、種類、記号

まとめ

今回はビルドh鋼について説明しました。意味が理解頂けたと思います。ビルドh鋼は、鋼板を溶接し、板厚や板幅など自由に設定してつくるh形鋼です。板厚や幅を自由に決められるので、納まりや応力が厳しい箇所に利用されます。ビルドh鋼の意味、記号など覚えてください。構造図では、注釈なく「BH-」と書くことが多いので注意しましょう。下記の記事も併せて参考になります。


ウェブとフランジとは?1分でわかる役割、違い、覚え方


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

今だけのお得な用語集発売!

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

検索

カスタム検索

更新情報

プロフィール

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > ビルドh鋼とは?1分でわかる意味、規格、重量、溶接