1. HOME > 鋼構造の基礎 > ct形鋼とは?1分でわかる意味、建築物での用途、断面性能、規格

ct形鋼とは?1分でわかる意味、建築物での用途、断面性能、規格

ct形鋼は、通称「カットティー」といいます。H鋼のウェブ芯を「カット」した形状です。材質は一般構造用圧延鋼材(SS400)やSN材も利用可能です。今回は、そんなct形鋼の規格やサイズ、断面性能、建築物での用途等について説明します。

ct形鋼のサイズと規格、断面性能一覧

アングル材のサイズと断面性能は下図表の通りです。H形鋼をカットした形状なので、細幅から広幅サイズまであります。

ct形鋼の規格


ct形鋼の規格2


ct形鋼の規格

機械的性質

アングル材の材質はSS400が一般的です。SS400はJISG3101に規定されています。機械的性質は下図表の通りです。

ct形鋼の機械的性質


ct形鋼の機械的性質2


また、ct形鋼はH鋼をカットして製作するので、SN材にすることも可能です。但し、ct形鋼は下地材などの簡易な部分に利用するので、高グレードの材質にはしないのが普通です。

化学成分

ct形鋼の化学成分(SS400)は下図表の通りです。

ct形鋼の化学成分

スポンサーリンク
 

ct形鋼とは?

ct形鋼は、通称「カットティー」といいます。名前の通り、H形鋼をウェブ中心でカットした形状です。

カットティーの形状


ct形鋼は、x軸に対して非対称断面の性質があります。荷重を受ける向きに注意して配置します。但し、元々のH形鋼に比べれば、弱軸と強軸の差が小さい材料です。

ct形鋼の種類

ct形鋼は、フランジ幅に応じて3つの種類があります。

です。広幅になるほど断面性能は高くなります。下地材として利用する場合、必要な断面性能や納まりを考慮して、使い分けたいですね。

ct形鋼の用途、建築での使用箇所

ct形鋼は、断面性能が小さい材料です。よって、柱や梁に使われることはありません。アングル材、チャンネル材と同様で、仕上げの下地材や、簡易な骨組みを造るときに使用します。


私は実際に、外壁の下地材として利用したことがあります。※なお、チャンネル材は下記の記事が参考になります。

まとめ

今回は、ct形鋼について説明しました。ct形鋼の規格、意味など理解頂けたと思います。また建築分野では、ct形鋼を下地材などで使います。構造部材として使う際は、非対称断面であることに注意しましょう。


※鋼材に関しては、下記の記事も参考になります。

アングル材の規格が丸わかり!等辺山形鋼のサイズと断面性能

溝形鋼の規格が丸わかり!溝形鋼のサイズと断面性能

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > ct形鋼とは?1分でわかる意味、建築物での用途、断面性能、規格