1. HOME > 鋼構造の基礎 > 軽量形鋼とは?1分でわかる意味、種類、読み方、規格、溶接性

軽量形鋼とは?1分でわかる意味、種類、読み方、規格、溶接性

軽量形鋼とは、薄板を冷間成形した形鋼です。1.6、2.3、3.2mm程度の厚みです。建築物には、主にリップ溝形鋼を使います。今回は、軽量形鋼の意味、種類、読み方、規格、溶接性について説明します。なお、リップ溝形鋼、一般構造用軽量形鋼の規格は下記の記事が参考になります。

リップ溝形鋼とは?1分でわかる意味、規格、寸法、強度、材質

一般構造用軽量形鋼とは?1分でわかる意味、規格、読み方、ssc400

軽量形鋼とは?

軽量形鋼とは、薄板を冷間成形した形鋼です。薄板とは、1.6、2.3、3.2mm程度の鋼板をいいます。


軽量形鋼は板厚が薄いので、重量が軽いです。一方で、断面性能が低く、主要な構造部材には使いません。


建築物には、主にリップ溝形鋼を使います(軽量形鋼の種類の1つ)。リップ溝形鋼は、実務では「cチャンネル」といい、母屋や胴縁に使います。※母屋、胴縁の意味は下記の記事が参考になります。

母屋とは何か?役割と意味について

胴縁とは?1分でわかる胴縁の役割、寸法、cチャン、縦胴縁


また、形鋼の意味は、下記の記事が参考になります。

形鋼とは?1分でわかる意味、読み方、種類、規格、i形鋼の用途

軽量形鋼の種類

軽量形鋼の種類は下記があります。


・軽山形鋼

・軽溝形鋼

・リップ溝形鋼

・軽Z形鋼

・リップZ形鋼

・ハット形鋼

・軽量H形鋼

・軽量リップH形鋼


建築物に使う軽量形鋼は、リップ溝形鋼が多いです。※リップ溝形鋼は下記の記事が参考になります。

リップ溝形鋼とは?1分でわかる意味、規格、寸法、強度、材質

軽量形鋼の読み方

軽量形鋼は「けいりょうかたこう」と読みます。その他、軽量形鋼の種類ごとの読み方を下記に示します。


・軽山形鋼 ⇒ けいやまがたこう

・軽溝形鋼 ⇒ けいみぞかたこう

・リップ溝形鋼 ⇒ りっぷみぞがたこう

・軽Z形鋼 ⇒ けいぜっとかたこう

・リップZ形鋼 ⇒ りっぷぜっとがたこう

・ハット形鋼 ⇒ はっとかたこう

・軽量H形鋼 ⇒ けいりょうえいちがたこう

・軽量リップH形鋼 ⇒ けいりょうりっぷえいちがたこう

軽量形鋼の規格

軽量形鋼は共通して「SSC400」という材質を使います。これを、一般構造用軽量形鋼といいます。一般構造用軽量形鋼の詳細は、下記の記事が参考になります。

一般構造用軽量形鋼とは?1分でわかる意味、規格、読み方、ssc400


また、建築物でよく使うリップ溝形鋼の規格は下記が参考になります。

リップ溝形鋼とは?1分でわかる意味、規格、寸法、強度、材質

降伏点、引張強さ

軽量形鋼の降伏点、引張強さは下記です。

SSC400の降伏点、引張強さ

化学成分

軽量形鋼の化学成分は下記です。

SSC400の化学成分

軽量形鋼の溶接性

建築基準法では、軽量形鋼の溶接を行うことは問題にはなりません。ただ、実状として軽量形鋼は板厚が薄いので、溶接をすると板が溶け、一体化難しいです。


軽量形鋼は溶接しないのが普通です。また、高力ボルトで留めると、軸力の大きさに板が耐えられず曲がります。よって、高力ボルトも使えません。


軽量形鋼は、中ボルトで留めるのが基本です。

まとめ

今回は軽量形鋼について説明しました。意味が理解頂けたと思います。軽量形鋼は、薄板を冷間成形した形鋼です。薄板を使うので軽量ですが、断面性能も低いです。建築物では、主にリップ溝形鋼を使います。リップ溝形鋼の意味、特徴、規格も併せて理解したいですね。下記の記事が参考になります。

リップ溝形鋼とは?1分でわかる意味、規格、寸法、強度、材質

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼いつでも構造力学の問題が解ける!▼

構造ウェブ問題集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

note始めました 構造ウェブ問題集

人気の記事ベスト3

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 軽量形鋼とは?1分でわかる意味、種類、読み方、規格、溶接性