1. HOME > 鋼構造の基礎 > 薄肉とは?1分でわかる意味、読み方、厚み、薄肉開断面、薄肉閉断面

薄肉とは?1分でわかる意味、読み方、厚み、薄肉開断面、薄肉閉断面

薄肉とは、1.6〜3.2mm程度の鋼材の板厚です。薄肉の鋼管を薄肉鋼管といいます。軽量鉄骨ということも多いです。今回は、薄肉の意味、読み方、厚み、薄肉開断面と薄肉閉断面の違いについて説明します。軽量鉄骨は、下記の記事が参考になります。

軽量形鋼とは?1分でわかる意味、種類、読み方、規格、溶接性


鋼材の種類は、下記の記事が参考になります。

鋼材の種類は?1分でわかる種類一覧、用途、材質と特徴、記号

薄肉とは?

薄肉とは1.6〜3.2mm程度の鋼材の板厚をいいます。又は、「せい」や「幅」に対して、十分に薄い板厚を薄肉といいます。1.6〜3.2mm程度の板厚の鋼材を、軽量鉄骨といいます。軽量鉄骨の意味は、下記の記事が参考になります。

軽量形鋼とは?1分でわかる意味、種類、読み方、規格、溶接性

薄肉の読み方

薄肉は「うすにく」と読みます。その他、関係用語の読み方を下記に整理しました。


薄板 ⇒ うすいた

薄肉開断面 ⇒ うすにくかいだんめん

薄肉閉断面 ⇒ うすにくへいだんめん

薄肉の厚み

薄肉となる鋼材の板厚は、

程度です。上記の板厚となる鉄骨部材を、軽量鉄骨といいます。※軽量鉄骨の意味は、下記の記事が参考になります。

軽量形鋼とは?1分でわかる意味、種類、読み方、規格、溶接性

薄肉開断面と薄肉閉断面の違い

薄肉開断面と薄肉閉断面の違いを下記に整理しました。


薄肉開断面 ⇒ せい、幅に対して、十分に薄い板厚の断面で、断面の辺を一筆書きできるもの。例えば、溝形鋼、山形鋼、Z形鋼、T形鋼、H形鋼がある。

薄肉閉断面 ⇒ せい、幅に対して、十分に薄い板厚の断面で、断面の辺が一筆書きできません。例えば、角形鋼管や鋼管(円形の鋼管)のことです。


開断面と閉断面は、一筆書きが可能かどうか判断します。例えば、H形鋼の辺(縁)をなぞると、一筆書きで「H」の形を描けますよね。


鋼管は、外側の縁と内側の縁が分かれているので、けっして一筆書きでは描けません。


溝形鋼、H形鋼の詳細は、下記の記事が参考になります。

溝形鋼の規格が丸わかり!溝形鋼のサイズと断面性能

H鋼とは何か?


角形鋼管や鋼管の詳細は、下記の記事が参考になります。

コラム(冷間成形角型鋼管)とは何か?

STK400の規格が丸わかり!一般構造用炭素鋼鋼管のサイズと断面性能

まとめ

今回は、薄肉について説明しました。意味が理解頂けたと思います。薄肉は、1.6〜3.2mm程度の鋼材の板厚をいいます。似た用語で軽量鉄骨があります。軽量鉄骨の意味、特徴を覚えてください。また、断面の辺の長さ(大きさ)に対して、厚みが十分に薄いものも「薄肉」といいます。下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

軽量形鋼とは?1分でわかる意味、種類、読み方、規格、溶接性

STK400の規格が丸わかり!一般構造用炭素鋼鋼管のサイズと断面性能


▼こちらも人気の記事です▼

▼人気の記事ベスト3▼

▼用語の意味知らなくて大丈夫?▼

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

▼同じカテゴリの記事一覧▼

▼カテゴリ一覧▼

▼他の勉強がしたい方はこちら▼

スポンサーリンク

限定メールマガジン公開中▼

限定メールマガジン

建築の本、紹介します。▼

すぐにわかる構造力学の本

検索

カスタム検索

プロフィール

おすすめ特集

建築学生が学ぶ「構造力学」の用語集

人気の記事ベスト3

同じカテゴリの記事一覧

  1. HOME > 鋼構造の基礎 > 薄肉とは?1分でわかる意味、読み方、厚み、薄肉開断面、薄肉閉断面